【その原因Xにあり】長生きホルモン アディポネクチンを増やす方法

2017年5月5日放送の「その原因、Xにあり!」の中の
「長寿の人が持つ長生きホルモン
アディポネクチンで若返り!?」

アディポネクチンを増やす方法を紹介!

スポンサードリンク

アディポネクチンとは?

99歳でモンブラン氷河を走破した三浦敬三さん
100歳で美しい日本舞踊を踊る板橋光さん
ご長寿双子の娘であるぎんさん四姉妹など、
健康長寿たちにはある共通点があります。

お茶の水健康長寿クリニックの白澤卓二先生によると
「ご長寿の方々にはアディポネクチンが多い傾向がある」と
いいます。

アディポネクチンとは、
脂肪細胞から分泌されるホルモンで、
一般の人の平均値は5~10マイクログラム。

一方、三浦敬三さんは31.0マイクログラム、
板橋光さんは48.5マイクログラム

81歳の毒蝮三太夫さんは35.0マイクログラムでした。


「アディポネクチン」が健康ご長寿をもたらす理由

 

白澤先生によるとアディポネクチンには、
命に関わる病気を未然に防ぐ働きがあるといいます。

【糖尿病(2型)を防ぐ】

スポンサードリンク

アディポネクチンはインスリンの働きを高め、
血糖値を下げる効果があり、
糖尿病を改善・予防すると言われています。


【心筋梗塞・脳梗塞を防ぐ】
アディポネクチンは
血管内の壁の傷を治す働きがあるため、
心筋梗塞や脳梗塞を未然に防ぐことができると
考えられています。


アディポネクチンの多いマウスの寿命は
少ないマウスよりも、1.5倍も長いという
実験結果もあるそうです。



アディポネクチンを増やす食事

アディポネクチンを増やすには、
食事が重要。

そこで、ぎんさん四姉妹と
毒蝮三太夫さんの食事を見せてもらいました。

姉妹の中でも特にお元気な三女・知多代(ちたよ)さんの、
93歳の時の生活を見てみると、365日毎朝、
玉ねぎと豆腐とわかめのみそ汁を作って
食べているそうです。

そして朝食にはもう一品、知多代さんが
開発したというオリジナルサラダが。

レタス・キュウリ・リンゴなどがたっぷり入ったサラダに、
ゴマドレッシングを1瓶丸ごとかけています。
これを冷蔵庫に作り置きし、3~4日かけて
食べるのだそうです。

一方、毒蝮三太夫さんはそばが大好物。
さらにジムに通い、運動もしていました。

そして運動を終えると、定食と
付け合せに納豆を食べていました。

白澤卓二先生によると、
納豆と豆腐に含まれている大豆たんぱく質が、
アディポネクチンを増やすといいます。

また、そばとわかめもアディポネクチンを
増やすのに適した食材。

そばと海藻類はマグネシウムが豊富で、
最近のアメリカの調査研究では、
マグネシウムを多く摂る人に
アディポネクチンが多い
というデータがあります。

アディポネクチンを増やす成分は
大豆たんぱく質とマグネシウム!

そこそ大豆たんぱく質とマグネシウムを多く含む
もずくと豆腐を、1カ月間4人の男女に
食べ続けてもらいました。

しかしアディポネクチンは
増えていませんでした。

白澤先生によると
「ホルモンは1カ月くらいで増えるものではない。
長年摂り続けることが大事」とのことでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ