【あさイチ】絶品!長芋のバターソテーのレシピ

長芋のバターソテーのレシピ

2017年5月9日放送のNHK「あさイチ」の
「スゴ技Q 春がサイコー!長芋 イロイロ大活用!」


シャキ・ホク・カリの3つの食感を一度に味わえる
長芋のバターソテーのレシピの紹介!

スポンサードリンク

絶品!長芋のレシピ

ある主婦は長芋を生でしか
調理したことがなく、
料理法がよくわからないといいます。

そこで野菜をメインにした練馬区のイタリア料理店の
オーナーシェフ久保田孝一さんを訪ねました。

春の長芋を使った料理で
久保田さんイチおしなのが
「長芋のバターソテー」。

生のシャキシャキ、程よく火が通ったホクホク
そして、こんがり焼けたカリ。

シャキ・ホク・カリ
3つの食感を一度に味わえるミラクルソテーです。

【長芋のバターソテーのレシピ】

長芋のバターソテーのレシピ

『材料』
(A)
長芋→約100g(約4枚分)

バター→10g

オリーブ油→大さじ3



塩→適量

黒こしょう→適量

オリーブ油→適宜

イタリアンパセリ→適宜



スポンサードリンク



『作り方』

1.皮のままきれいに洗う。
洗いすぎないように手で洗うのがおすすめ。
春掘りのみずみずしさを逃さないように、
皮はつけたまま。

ひげ根は焦げやすいのでむしっておく。

2.2種類の切り方で切る

①約1cm幅の輪切りにする。

②少し端を切り落としてから
繊維に沿って四角く切る。

※切り方を変えることで異なる食感を楽めます。
繊維に沿って切ったものは、
よりシャキシャキ感を感じることができます。

3.冷たいフライパンに、Aを入れ、
長芋を入れてから火をつける(強火)

※低い温度から火を通すことで長芋のうまみを
最大限に引き出すことができます。

4.そして常に長芋の下に油があるように、
適宜静にゆすり、焦げ付きを防止する。

5.油がパチパチいう音が強くなったら、
中火にする。
目安は30秒後。

6.5分間ほど、芋をひっくり返したりせず、
なるべく触らずに加熱する。

※なるべく触らないことで
フライパンに接している部分は
長芋の温度が上がり火が通ってホクホクに。
そしてカリっとした焦げ目がつきます。

でも、上のほうはあまり火が通らないので
シャキっとした食感を保てるのです。

7.キツネ色になったら、ひっくり返して火を消す。
そのままの状態にし、1分間、余熱で熱する。

7.お皿に盛りつけ、塩、こしょうをふり、
お好みでイタリアンパセリと
オリーブオイルをふりかけたらできあがり!



まとめ

この日の長芋のレシピ↓
【あさイチ】長芋を簡単にきれいに切る方法!拍子木切りやサイコロ状に

【あさイチ】おいしいとろろの作り方!シャキとろ・ふわトロ2つのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ