【あさイチ】やわらか牛丼のレシピ!ポーチドエッグの作り方もby西澤辰男

牛丼

2017年5月10日放送の「あさイチ」の「解決!ゴハン」で
やわらか牛丼が紹介されました。

牛丼が上手に出来ない
というリクエストにこたえます。

調理学校教授の西澤辰男さんに
教えていただきます。

さっぱりおいしい やわらか牛丼のレシピ

【西澤辰男さんの本】

牛丼をおいしくつくるポイントは
肉の下ごしらえと煮かた。

すりおろしたたまねぎを肉にもみこむこと。
肉質が柔らかくなり、
独特のクセをおさえることもできます。


【さっぱりおいしい やわらか牛丼のレシピ】

牛丼のレシピ

『材料』
牛切り落とし肉→200g

たまねぎ→1個

オリーブオイル→ 小さじ1

(A)
だし→ 300ml

しょうゆ→ 50ml

みりん→ 50ml



水溶き片栗粉 → 大さじ1~2
(水と片栗粉を同量で溶いたもの)

卵→ 2個

酢→ 適量

焼きのり→ 1枚

わけぎ→ 1本

米→ 2合(360ml)

新しょうが→ 50g

(B)
水→ 360ml

酒→ 大さじ2

昆布(10㎝角)→1枚



スポンサードリンク



『作り方』
1.お米は洗って約30分間浸水させる。
新ショウガは洗って、千切りにする。

2.炊飯器にお米、新ショウガ、
Bを入れて炊く。

3.たまねぎの1/4個分はすりおろし、
残りは5㎜幅に切る。
わけぎは斜めに切る。

4.ポリ袋に牛肉、②のすりおろしたまねぎ、
オリーブオイルを入れてよくもみこみ、
5分間置く。

※たまねぎでやわらかく
オリーブ油で火の通りを優しく

5.鍋にAを入れてわかし、残りのたまねぎを
加えて好みのかたさに煮る。

※あっさり仕上げるためにみりんを使っていますが、
砂糖でもo.k

煮えたら水溶きかたくり粉を加え、
とろみをつける。

※とろみをつけるのは肉に
できるだけ火を通したくないため。
とろみをつけることによって
お肉に味がまとまります。

6.⑤に④のお肉を入れて、ひと煮立ちさせたら
火を止めて、余熱で火を通す。

7.ポーチドエッグを作る。
熱湯に酢(お湯カップ1に対して小さじ1)を
加えて湯をかき回して渦をつくり、
中心に卵を入れてまとめながら煮る。
まとまったら取り出す。

※お酢を入れると手早く固まります。
しかし、お酢をあまり多く入れると
酢の味になってしまいます。

8.器にごはんを盛り付け、
手でもんだ焼きのりを乗せる。
⑥の牛丼のお肉を乗せる。

わけぎを散らして、仕上げに
ポーチドエッグを乗せたら
やわらか牛丼のできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ