【あさイチ】格安スマホはトラブルも増加中!受けられないサービスや注意点

スマホで写真

2017年5月11日放送のNHK「あさイチ」の女のニュースは
「気になる格安スマホ!トラブルも増加中!」

格安スマホの安さの秘密は?トラブルも急増!

スポンサードリンク

格安スマートフォン

月々の利用料金を安く抑えられることが売りの
格安スマートフォン。

設定や利用条件によっては月々1000円を割る低価格で
スマートフォンを利用することができるんです。

1か月間の平均利用料金を
ドコモ、au、ソフトバンクといった大手の利用者(7876円)と
格安スマホ利用者(2957円)で比べてみると
なんと5000円近くも安いのです。

格安スマホの利用者はここ数年、急増。

契約件数は、1300万件を超え
携帯電話総数の1割近くにまで及んでいます。

こうした中、増えているのが格安スマホを巡るトラブルです。

昨年度全国の消費生活センターへの相談件数は1045件。
前年度から2.8倍も増えました。



格安スマホの安さの理由

【①店舗がない】

直営店がないので
人件費・家賃を抑えているので安いのです。

通常は直接店舗で客に商品を販売。
初期設定や操作の説明も窓口で対応しています。

しかし、格安スマホを扱う会社のほとんどは、
お店ではなくインターネットでの販売を
メインにしています。

購入手続きを終えるとスマホを利用するのに必要な
SIMカードが送られてきて
利用者が、みずから初期設定を行う必要があります。

設定や操作のしかたが分からない場合は
電話で問い合わせを受け付けるところが
多いんです。


スポンサードリンク



【②自社の携帯回線を持っていない】

大手の携帯会社は全国各地に、
通信用の基地をいくつも持っています。

その回線、一つ一つが容量の大きなものです。

そこで格安スマホ会社は大手の携帯会社に対して
お金を払う代わりに回線の一部を借りているのです。

そうすることで、基地を建てる費用や
設備の維持費がかからず利用料を安くできるのです。

ところが、お昼や夕方の利用者が増える時間帯は、
回線が混み合い、通信速度が遅くなってしまうことも。

※これから回線が改良される可能性もあります。



受けられないサービス

【①メールアドレス】

メールアドレスはないこともあります。
その場合は自分で無料メールなどを
設定する必要があります。

【②サポート体制】

相談窓口になかなかつながらなかったり、
メールでのみの対応のところもあります。

【③フィルタリングサービス】
アダルトサイトや有害なメールをブロックするものですが
そもそもそういうサービスをやっていなくて
有料のオプションだったりすることもあります。

また、政府から来る緊急情報をを受信できない会社もあります。



格安スマホは
受けられないサービス、受けられるサービス、
会社によって千差万別なので、
自身で確認をする必要があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ