【その原因Xにあり】長寿菌を増やす水キムチの作り方!便秘解消にも

便秘、トイレ、女性

2017年5月12日放送の「その原因、Xにあり!」は
「正しい腸活で目指せ健康長寿SP」。

長寿菌を増やす水キムチの作り方を紹介!

スポンサードリンク

長寿菌とは?

近年の研究の結果、健康長寿の人の腸内には
“長寿に関する菌”が多くいることが判明しました。

それは「大便菌」と「ビフィズス菌」

理化学研究所特別招聘研究員農学博士の
辨野義己先生はこれを長寿菌と名付けました。

「大便菌」は、腸の粘膜を修復して
免疫力を高めてくれます。

「ビフィズス菌」は、食べ物の消化など
腸の動きを活発にしてくれます。

長寿菌を増やすには
「食物繊維」と「乳酸菌」を含む
発酵食品を摂ること。

毎日20g以上の食物繊維が必要といいます。

しかし、トマト、人参、きゅうり、レタス、キャベツをそれぞれ
100gずつのサラダを食べても、食物繊維の摂取量はおよそ7.8g。

1日の食物繊維の摂取量は平均15g。

また、乳酸菌はヨーグルトだと1日300g摂ったほうが
良いとのことなのですが、
あるデータによると1日に食べるヨーグルトの量は約40g。

つまり、食物繊維と乳酸菌の両方が
足りていないのです


スポンサードリンク



スーパーフード“水キムチ”

しかし、健康長寿の研究を続けている、
お茶の水健康長寿クリニック 白澤卓二先生によると
食物繊維と乳酸菌両方を兼ね備えた
スーパーフードがあるといいます。

それが”水キムチ”です。

「水キムチ」は韓国の伝統的な家庭料理で、
乳酸発酵させた汁気が多い漬物。

水キムチは汁を飲む漬物。
汁には乳酸菌が多く含まれています。

【水キムチの作り方】

水キムチ

『材料』
小松菜→250g(2束)

お米のとぎ汁→2カップ(400ml)

塩→小さじ2杯

リンゴ→1/2個

『作り方』
1.お米のとぎ汁に塩を入れて軽く温める。

2.密閉できる袋に塩もみした小松菜と
一口大に切ったリンゴを入れて
人肌まで冷めたとぎ汁と一緒によく揉む。

3.半日ほど常温で置いておいて、乳酸発酵して
袋が膨らんだらできあがり!

※冷蔵庫で1週間保存可能

とぎ汁に含まれる糖分は乳酸菌を
増やしてくれる役割があります。

リンゴは乳酸菌を増やす糖分と食物繊維が豊富に含まれ、
小松菜には食物繊維のほかカルシウムなど
栄養素が豊富で天然のマルチサプリといわれています。

汁のほうに乳酸菌が増えているので、
汁も飲むことが大切です。

「長寿水キムチ」を小鉢一杯、
普段の食事と共に3食食べれば、
長寿菌を増やすために不足している
食物繊維と乳酸菌がとれます。



長寿水キムチの検証

長寿水キムチを食べ続けると
長寿菌は増える?

関根勤さん(63)と、一般被験者3名の計4名で検証。

【ルール】
・1日三食、小鉢一杯の長寿水キムチを食べれば、
それ以外は何を食べてもよい

・期間は7日間

・それ以外は普段通りの生活



1週間後、関根さんの長寿菌は14.9%から15.5%に上昇。

さらに軽い便秘気味だった関根さんは、
7日間3食水キムチを食べることで便秘が改善されました。

その他の一般被験者3名も、2名が長寿菌アップ。

白澤先生によると
たった7日間でも腸内環境はこれだけ変わるので
食物繊維と乳酸菌を意識してとり続ければ、
長寿菌も増えるとのことです。



まとめ

この日の、その原因Xにありの記事↓
【その原因Xにあり】お腹の張りを改善するうつぶせゴロゴロのやり方!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ