【ヒルナンデス】最新冷凍食品!自然解凍やワンプレート

冷凍弁当

2017年5月16日放送の「ヒルナンデス」の
冷凍食品の最新3大トレンド。

進化する最新冷凍食品を
冷凍食品ジャーナリストの山本純子さんが徹底解説!



冷凍食品最新3大トレンド

冷凍食品は5年連続売り上げ増加。
個性的な商品も続々登場!

① 本格的!レストラン風メニューが家庭で 

家庭では簡単に作れない
レストランのようなワンランク上の冷
凍食品が続々登場。
 
 【トリュフ香るチーズリゾット】(トップバリュ)

トリュフソースがかかった本格チーズリゾット。
 

 【ふわとろオムライス デミグラスソース】(ニッスイ)

洋食レストランたいめいけんなどでおなじみの、
切った瞬間トロッと卵が流れるオムライスが
家庭で作れます。

外袋のまま6分加熱するだけ!

 

 【今日のおかず やわらかチキンステーキ】(ニッスイ)

これまでは湯煎タイプが主流でしたが、
電子レンジであたためるだけでで皮はパリパリ!中は
ジューシーのプロ級のチキンステーキが作れます。


②調理が楽チン!自然解凍系がパワーアップ!

 

調理が楽な自然解凍の冷凍食品に
お惣菜以外の食品が登場!

【わびすけ庵 さつまいも赤飯】(ミツハシ)

口コミでここ3ヶ月、問い合わせが殺到している
というわびすけ庵のさつまいも赤飯。

凍ったままの赤飯を約2時間常温で置いておくだけで
もちもちで炊き立てのような赤飯に。

人気のの理由は
お弁当でも活躍してくれること。

忙しい朝でも
凍ったままお弁当に入れておけば
ランチタイムには食べごろに。
 
 

スポンサードリンク



【おにぎり丸】(味の素冷凍食品)

おにぎり用冷凍具材の簡単アレンジが話題

熱々ごはんと凍った具をにぎるだけで
自然解凍。
トロっとしたおかずが楽しめます。

実はおにぎり以外でも活躍!
うどんなどに使うアレンジレシピが
主婦の間で人気急上昇。


 
山本純子さんおすすめのアレンジレシピ!

【ギョーザサンド】
トーストしてすぐの食パンにギョーザの具をサンドし、
約30分待つだけ。
お弁当にもピッタリのギョーザサンドができます。



【ピカール】
ピカールは昨年11月に日本に上陸した冷凍食品専門店。

ピカールといえばオーブンなど
手間のかかる調理が多いイメージでしたが、
最近はお手軽な自然解凍の冷凍食品も続々発売しています。

【食いしん坊のミニエクレア】(ピカール)

冷蔵庫で3時間ほど自然解凍すれば
生地はできたてのようにサクサク!

中のクリームはすべて違う味のこだわりよう。
 


【4種類のマカロン】(ピカール)

冷蔵庫で約1時間解凍するだけ

急速凍結で表面につく氷を小さくしたのがポイント
自然解凍しても水っぽくならず外はサク、
中はしっとりの本場フランスのできたて食感が楽しめます。


③1個で2度おいしい!ワンプレート型が人気!

 

1度の解凍で2度以上が同時に作れる
ワンプレート型の種類が増加しています

【ごっつ旨いたこ焼&焼きそば】(テーブルマーク)

たこ焼きと焼そばが一度の解凍でまとめて作れます。

500Wの電子レンジで3分40秒加熱するだけで
手間のかかる2品が同時に完成!



【オーマイ 海老と野菜のグラタン&ボロネーゼ】(日本製粉)

電子レンジで加熱するだけで
2つのイタリアンが同時に完成!


【和食プレート】(トップバリュ)

イオンのプライベートブランドが
時短できると忙しい主婦に人気!

【さばの味噌煮と麦ごはん】

【さんまの煮付けと五穀ごはん】
 
【鮭のねぎ味噌だれと菜飯】
 
定番の和食がごはんだけでなく
おかずまで一度に作れると人気。

しかも、500Wの電子レンジで4分30秒加熱するだけ。

お弁当用としても活躍。

11品目全てがたった4分30秒で加熱できます。

レンジ調理のことを考えて凍結前に
それぞれの加熱加減を変更しているので
温めムラがありません。

どれも全国のイオンで発売中!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ