【林修の今でしょ】体に良い夏野菜ベスト5!モロヘイヤ、えだまめほか

野菜

2017年5月16日放送の「林修の今でしょ!講座 」は
「医師100人が選んだ!本当に体に良い「夏」野菜ベスト5」

スポンサードリンク

医師100人が選ぶ体に良い夏野菜ベスト5

今回は東大ママドクター伊藤明子先生
が徹底解説!

今回は現役の医師100人に緊急調査!
健康のプロである医師達は
どんな夏野菜を意識的にとっているのか、
ベスト5を発表!

【第5位:パプリカ】

パプリカの色の違いは10種類ほどありますが
収穫時期の違いで緑から赤まで色が変わります。

その中で赤パプリカは栄養がダントツ。

強烈なビタミンCで夏の日焼け肌荒れを撃退します。

赤パプリカのビタミンCの含有量はとても豊富で
トマト約15個分、みかん約7個分にもなります

ビタミンCは肌にいいのですが、
ビタミンCの新しい機能がわかりました。

ビタミンCは遺伝子のコピーミスを防ぐ

わたしたちの体は遺伝子のコピーに
よって新陳代謝が行われています。

遺伝子のコピーミスが少しずつ起こって
加齢や病気になっていくため、
コピーミスを減らすことで
病気を防ぐことができます

細胞の加齢を防いで
アンチエイジングすることができます。

【赤パプリカの栄養素を最大限に引き出す調理法】
・柔らかくなるまで煮る
湯通しすると栄養が水に溶けるので
栄養が流れ出てしまう。

・かつおぶしを煮汁に染み込ませながら
食べるとよい

【赤パプリカの美人煮びたし】
赤パプリカは縦に切ると甘味がアップします
だしをとらずにかつおの粉を使うと手軽

1.魚粉・醤油・みりん・水、パプリカを鍋に入れる

2.フタをして15分弱火で煮ればできあがり!
かつをぶしをふりかけていただきます。

煮汁も残さずにたべるのがポイント。



【第4位:ミニトマト】

リコピンの量はトマトの3倍!
トマトよりもミニトマトの方が栄養価が高い。
抗酸化作用で夏風邪の予防にもバッチリ。

リコピンは抗酸化作用がとてもつよく、
アメリカの研究でもがんをおさえる作用
があることがわかっています。

また、食物繊維を多く含んでいるミニトマトは
便秘に良いだけではなく食物繊維そのものが
免疫力を上げる力をしっかり持っていることが
わかり、腸内環境を整える大きな力も
もっているそうです

ミニトマトの栄養を最大限に引き出す調理法
は刻んで食べる。

皮を切ることでミニトマトの
栄養素が吸収しやすくなります

ミニトマトの栄養を最大限に引き出す調味料は
オリーブオイル。

油があるとより栄養素を吸収することができます。
刻んでオリーブオイルであえるとよい。

油であえると栄養素がコーテイングされ
胃酸で溶けず小腸まで守られ吸収してくれます。

【トマトの甘味アップ保存法】
トマトは冷蔵庫よりも常温で保存すると追熟され
甘味・栄養価がアップします。

夏は2~3日、冬は7日程度がおすすめ。



【第3位:青じそ】

スポンサードリンク

青じそは漢方に使われるほどの栄養価が
非常に高く、香りそのもので
食中毒も予防できるとのこと。

青じその香り成分はぺリルアルデヒドといい
抗菌作用があるので、食中毒予防になります

青じそは栄養素の宝庫で栄養価が高く
にんじんよりもカロテンが豊富。

100年前から明らかになっているビタミンAは
目に良いとされ、炎症を抑える作用があるとされます。

青じその栄養素を最大限に引き出す調理法は
刻んで生で食べる

油で揚げてしまうと糖化を進めてしまう
調理法となってしまう。

糖化が進むと細胞レベル、臓器レベルで
糖化現象が進んでいき、
骨の糖化は骨粗しょう症のリスクに繋がったり、
血管の糖化は血管の内側がベタベタの状態に
なってしまうとのこと。

脳も糖化現象があり、認知症の人の脳内にある
カラメル色の色素は糖化に関係している
可能性もあるという。

体のすべての部分で
糖化は老化や病気の元になってしまう。

【栄養MAXレシピ】
青じそとみょうがの和風お薬味ソース

蒸し撮りなどにあいます
みょうがも抗酸化力が高いので
青じそと一緒にとるのとオススメ



【第2位:えだまめ】

筋肉を増強し夏バテ予防となるたんぱく質が豊富。

今の日本人のタンパク質摂取量は1950年代と
ほぼ変わらないそうです。

現代は糖分や炭水化物の摂り過ぎで
たんぱく質不足になっているそうです。

疲労回復に良いビタミンB1も豊富。

ビタミンB1はえだまめ100gで
にんにく約2.5個分の含有量があります

えだまめの栄養素を最大限に引き出す調理法は
炊き込みご飯にする。

水に溶け出た栄養素を米が吸収する。
また、ゆっくり加熱するので酵素が働き甘みが増す。

えだまめの栄養素を最大限に引き出す食材は
鮭。

鮭にはアスタキサンチンが豊富。
鮭は川を登るストレスに勝つため
エビを食べてアスタキサンチンを作るそうです。

アスタキサンチンはビタミンCと比べて
抗酸化力が約6000倍もあります。

エダマメには含まれないビタミンDを鮭で補う
エダマメと鮭の炊き込みごはんにすれば
効率よく栄養がとれます。

【ビタミンDが多い食材】
鮭・きのこ類・きくらげ・卵など



ママドクターがどうしても伝えたいことがあるそうです。
それは深刻なビタミンD不足。

ビタミンD不足でくる病になる子どもが
急増しているそうです。

くる病は戦前の病気だと知られていますが
過度の紫外線対策をしたり、
ビタミンDを含む食材を取らない場合に
なるそうです。

飽食の時代と言われるが、カロリーが
増えているだけで実は栄養失調だったり
するそうです。



【第1位:モロヘイヤ】

モロヘイヤのカルシウムが
夏のだるさ・イライラを解消します。

モロヘイヤ100gで生めざし4尾やしらす干し約120gと同じ
カルシウム含有量があります。

しかもカロリーは低い。

カルシウムのいろいろな働きの1つが精神安定の作用。

カルシウムがが神経細胞に入ると
精神を安定させるギャバという物質がたくさん出るため。

モロヘイヤの栄養素を最大限に引き出す調理法は
細かく刻んでスープ

細かく刻むことでネバネバ成分のムチンを
より多く出て、腸内環境を整え
免疫力アップにつながります。



スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ