【スッキリ】子どもに大人気! うんこ漢字ドリル&おしりたんてい

ダイソー100均 本

2017年5月18日放送の「スッキリ!!」の「キニナルジャーナル 」
は「お下品学問のすすめ」

子どもたちに大人気!
「うんこ漢字ドリル」と「おしりたんてい」の紹介!

スポンサードリンク

うんこ漢字ドリル

文響社から今年3月28日に発売され、
シリーズ累計140万部を爆発的大ヒットの
学習ドリル。

このドリルは小学校1年生から6年生まで
出題される例文が”うんこ”

ちょっとお下品ですが、
学習指導要領にきちんと対応した教材。

ひねりにひねられたうんこ例文は
子供たちの漢字力と創造力を養う異色の教材。

うんこ漢字ドリルの生みの親
文響社の編集者の山本さんと
著者の古屋雄作さん。

3018うんこの例文はすべて古屋さんが
考えたものなのですが、
いじめを連想させるものや
まねができるいたずらなど
水に流されたうんこ例文も多数。

さらにうんドリルには
子供を飽きさせない仕掛けが。

何度か登場するキャラクターがいて
学年をまたいで出てくるので
さまざまなサイドストリーも
楽しめるようになっているのです。

ちなみに”冒険家”は
5年生のドリルで
【うんこ大陸に行った冒険家からの連らくが絶えた】
となっていて次回どうなるのか
6年生のドリルまでわからないとのこと。


スポンサードリンク



おしりたんてい

お尻の顔を持つ探偵の謎解きの本。

現在絵本と児童書を合わせて10作品。

1012年の夏から売り上げを
尻上がりに伸ばし、
シリーズ累計120万部を突破しています。

見た目のお下品さとは裏腹に
まるで英国紳士のような上品なキャラ設定。

お尻顔の主人公がどんな事件も
ププッと解決する物語。

これだけ聞くとお下品な感じもしますが、
本の中には謎解きが満載。

迷路や絵探し、
「隠れお尻を探せ」とか
かなり参加型の謎解き要素が
ちりばめられているので

2~3回目みてはじめて気づく発見が
たくさん隠されているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ