【ガッテン】アルツハイマー 認知症予防に睡眠がカギ!おすすめ食材も

2017年5月17日放送の「ガッテン」は
「これが世界最先端! 夢の「認知症」予防SP」。

アルツハイマー病の原因になる
脳の老廃物の蓄積を抑える方法や
予防になる食材などを紹介!

スポンサードリンク

増えているアルツハイマー病

世界で3秒の間に1人ずつ増えている
病気がアルツハイマー病で、
認知症の約7割を占めています。

しかし、近年、研究が急速に進展し、
アルツハイマー病を予防できる可能性が
見えてきました。

人間が思考する時、
脳内では神経細胞の使用によって老廃物が出ます。

この老廃物が蓄積されて固まると
周囲の神経細胞を傷つけ、脳が萎縮してしまう。

これがアルツハイマー病です。

アルツハイマー病の研究で
世界的権威であるワシントン大学のジョン・モリス教授は
「アルツハイマー病は予防できる」と明言。

データによると蓄積は発症の
25年ほど前からということもわかってきました。

ジョン・モリス教授ら研究チームが発表した論文によると、
アミロイドβの産出量は
健常者もアルツハイマー病患者も
違いはないといいます。

ただ、排出量に対しては健常者は
アルツハイマー病患者よりも多いのです。

教授は排出が滞った状態を
排水溝が塞がった洗面台にたとえたのでした。


老廃物の排出のの鍵を握るのは「早寝」!

オランダにあるラドバウド大学の
ジャーゲン・クラッセン准教授によると
アミロイドβの排出の鍵を握るのは「早寝」。

40~60歳の健康な男性26人を2つのグループに分け、
一方は夜に普通に就寝し、もう一方には徹夜して
もらいました。

翌朝にアミロイドβの量を計測すると
普通に就寝した人は就寝前よりもアミロイドβが
減っていたのです。

一方で徹夜した人は就寝前よりも
アミロイドβが増加していました。

ワシントン大学のデイビッド・ホルツマン准教授は
健康な145人の睡眠を調査し、熟睡の度合いを測定。

スポンサードリンク

寝ている間の動きが少なければ熟睡状態にある一方、
頻繁に動けば熟睡できていないと考えられます。

アミロイドβの排出量について調べると、
熟睡できている程、排出がうまくいっていたことが
わかったのです。

なお、どの程度の睡眠不足がアルツハイマー病の発症に
影響を与えるかは現時点でははっきりわかっていません。

アミロイドβの排出は日中よりも夜間の方が活発で、
3000人以上の人を対象に3年間に渡る追跡調査によると、
6~8時間の睡眠では認知症の発症リスクが低い。

30分以内の昼寝をした人も
発症リスクを軽減できるとのこと。



そのほかのアルツハイマー病の予防策

また、アルツハイマー病の予防策として
脳のゴミを排出する睡眠以外に、
脳神経を活性化させることが挙げられます。

具体的にはコミュニケーション、
有酸素運動、知的活動。

様々な方と緊張感を伴っ
たコミュニケーションが理想的。

知的活動については頭を使いながら
指先を動かすことで、裁縫、囲碁、将棋が
当てはまります。

アルツハイマー病を予防のまとめ

【アルツハイマー病を予防】

『脳のゴミを排出』

睡眠
・6~8時間の睡眠
・30分以内の昼寝

『脳神経を活性化させる』
・コミュニケーション、
・有酸素運動
・知的活動。



アルツハイマー病を予防する食事

2015年、ラッシュ大学医療センター
(アメリカ・シカゴ)の
研究でアルツハイマー病を予防する食事法、
通称・マインド食なるものが発表されました。

【発症を抑える可能性のある食材】
・野菜(緑黄色野菜など)
・ブルーベリー
・ナッツ
・魚
など。

【食べすぎに注意した方がいい食材】
・お菓子
・バター
・ファストフード
など

これらの食生活をしっかり実行した人は
そうでない人に比べ発症率が53%も
少なかったというデータもあるそうです。

また、これはアメリカの場合で
日本人の場合、バランスのよい食事に加えて
「減塩」が大切なのだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ