【スッキリ】5月から始める紫外線対策!正しい日焼け止めの塗り方ほか

呼吸法の女性

2017年5月19日放送の「スッキリ!!」で「5月からケア必要
“正しい紫外線対策”」がとりあげられました。

正しい日焼け止めの使い方
紫外線のダメージを回復する食べ物&飲み物
座ったまま出来る日焼け対策を日比野佐和子先生が
紹介!


スポンサードリンク

紫外線とは?

紫外線とは太陽から出ている”波長”のことです。

紫外線を浴びると体内でビタミンDが作られるという
良い点もあるのですが、必要以上に浴びると
悪影響に。

紫外線にはUV-C、UV-B、UV-Aの3種類あります。
UV-Cは波長が短いので地上には届きません。

地上に届くのはUV-BとUV-Aの2種類です。

これらの紫外線を浴び過ぎた場合

UV-B(波長の短い紫外線)
→メラニンが紫外線から肌を守ってくれるが、
増え過ぎるとシミや皮膚がんの原因に

UV-A(波長の短い紫外線)
→肌の老化を促進させシワやたるみなどの原因に。

特にUV-Aは窓ガラスを通り抜けるので、
日の光る部屋でもケアが必要。
室内こそ要注意です。



自分にあった日焼け止めの選び方

日焼け止めクリームを塗るのが紫外線対策に
最も効果的ですが、間違った使い方をしている人が多い。

日焼け止めクリームにはSPF50やPA+
といった数値が書かれています。

SPFやPAのなるべく高い数値を買う人が
多いようです。

日焼け止めクリームはケースによって
使い分けるのが必要。

PAはしわ・たるみの原因となるUV-Aを防ぎ、
SPFは日焼けや皮膚がんの原因となるUV-Bを防ぎます。

スポンサードリンク

数値が高いほど効果は大きいのですが、
そのぶん成分が強いので肌が
ダメージを受けることも。
(赤身・カサカサなど)

買い物程度なら例えばPAは10~30ぐらい、
外でスーポーツや観光の場合PAは50ぐらいと
状況にあった日焼け止めを選ぶことが大切です。

また、汗などで流れてしまうので、
日焼け止めは2~3時間ごとに塗りなおすことも大切。

大変という方は、塗り直しが少なくてすむ
ウォータープルーフタイプのものや化粧の上からも
塗れるスプレータイプなどを使っても可。。



正しい日焼け止めクリームの塗り方

1.500円玉くらいの大きさを手に取り、
おでこ・両頬・鼻・あごの5か所につける

2.指で肌に乗せるように優しく塗る。
※たたきこんだりこすったりはしない

顔は2~3分かけて丁寧に塗る。

耳の後ろや鎖骨周辺は塗り忘れることが
多いので気を付けます。

※先生はお化粧の時間よりも
時間をかけているそうです。


紫外線のダメージを回復する食べ物&飲み物

【ヨーグルト】

ヨーグルトは乳酸菌が入っているので
腸の血流を良くし、

肌の新陳代謝を促進します。
肌の再生は夜盛んになるので
夕食の時に摂るのがおすすめです。


【トマトジュース】

トマトはリコピンという抗酸化力の高い
成分がはいっていてシミ予防効果が
あるといわれています。
人参もリコピンが豊富なのでとるとよい。



座ったままできる紫外線対策

鎖骨の周辺をなでる

鎖骨の周辺の褐色脂肪細胞(代謝をあげる細胞)
を刺激し、肌の再生を促進してくれます。

・冷たいタオルなどを使うとより効果的
・左右30回×朝昼晩3回行うとよい
お風呂上りなどにやるとよい

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ