【カンブリア宮殿】オシャレなのに低価格!大人気イケアの秘密

イケア

2017年5月18日放送の「カンブリア宮殿」は
「オシャレなのに格安!大人気イケアの秘密」。

イケアの低価格や人気の秘密を紹介!

イケア人気の秘密

千葉・船橋市のIKEA Tokyo-Bayの店舗の特徴は大きさ。
敷地面積は東京ドームとほぼ同じ。

50円のソフトクリームが人気。ホットドッグは100円と
驚きの安さで売られています。

さらに本格的なスウェーデン料理を
堪能することができるレストランも大盛況。

一番人気はスウェーデン・ミートボール。

家具はアイテムごとに並べて展示するのが一般的ですが、
イケアではリビングやダイニングなど実際の生活空間を
再現したルームセットが展示されています。

2DK3DKの中居おすすめ商品が置かれているので
お客は部屋に収まった様子までイメージできます。

デイベッドフレームは1台4役。

普段は収納をかねたソファ、これがシングルベッド
広げればダブルベッドに。
こうしたルームセットは実際に一般家庭を訪問し
間取りを参考にしています。

売っているのは家具だけではありません。

「多機能時計」は時刻や日付を表示するが、
向きを変えるとアラーム、タイマーにもなります。

多機能時計

代わって、卓上ライト「LEDワークランプ」は
スマホの充電も可能。

低価格でありながら高いデザイン性、
優れた機能性を追求しています。

新店舗の開店を予定していた平原さんは
店に買い出しに訪れていました。

施工会社に頼むよりも、
イケアで購入して設置した方が
10分の1のコストで済むといいます。

イケアではセルフサービスエリアがあり、
顧客が家具類をピックアップして
レジまで運ぶ方式を採用。

これがイケアならではの
低価格に繋がっているとのこと

平原さんがオープンさせたのはペットサロンで、
店内にはイケアのイスやテーブルが配されていました。
イケアでは90点を購入し、総額は22万円ですんだそうです。

イケアは28カ国に進出し、世界最大の家具チェーン。
日本国内には8店舗しかないのですが、年商は767億円。

日本の拠点は船橋市にあるイケア・ジャパン。
外資系企業とあって社員はアメリカ、スペイン、スウェーデンなど
様々な国の出身の人がいます。

イケア・ジャパンのヘレン・ファン・ライス社長は、
効率性がいいということで
スタッフと同じデスクで作業を行っていました。


新ビジネス

そして、新たなビジネスにも取り組んでいます。

その1つが京都に。

世界遺産の醍醐寺では休憩室を
カフェに変身させる計画に際して、
イケア・ジャパンに依頼したのです。

醍醐寺の仲田順英さんはシンプルで飽きのないデザイン性、
価値観を継続してきたイケアの理念に共感したのだそうです。

イケアはただ家具を販売するだけでなく
まるごとコーディネートするビジネスにも力を入れています。。

4月1日にカフェがオープンし、くつろげる店内で
客は窓外に広がる枝垂れ桜を満喫していたのでした。


スポンサードリンク



イケアのアプリ

イケアではカタログに掲載されている商品が
購入者の部屋にサイズ的に収まるのか、
デザインはマッチするのかを判断できるサービスを行っています。

利用するにはイケアのアプリをダウンロードし、
店舗で配られている無料カタログを用意。

家具を置きたい場所にカタログを置き、
スマホを向けて家具をセレクト。

画面を操作して家具を移動させたり、
回転させたりといったシミュレーションもできるとのこと。

ヘレン・ファン・ライス社長は
「イケアはお金持ちではなく普通の人たちのためのお店。

楽しい1日を過ごして貰う上で大事なのは
お腹が減っていないことで、店では美味しいものを
リーズナブルな値段で提供している。」といいます。

また、ライバルとして挙げたのはディズニーランド。


イケアの歴史

1974年、イケアは日本の家具販売会社と業務提携し、
7年後にイケア 南船橋店をオープンしました。

広い売り場にセルフサービスと現在のスタイルを導入していたが、
当時は売上目標を達成できず、
1986年に日本からの撤退を余儀なくされたが、
2006年に再上陸を果たしました。

人口スキー場ザウスの跡地に日本1号店をオープン。
今度はイケアの直営店、独自運営を徹底した。

さらに、顧客のニーズを把握するために、
足を使った一般家庭の聞き取り調査を実施。

イケアは年間で200軒以上の一般家庭をまわり、
具体的な問題やニーズを販売に生かしています。

イケアの創業の地はスウェーデン南部のエルムフルトで、
町の至る所にイケアの関連施設があります。

昨年にオープンしたイケア ミュージアムでは
イケアの歴史を彩ってきた数々の家具を展示しています。

館内には創業者であるイングヴァル・カンプラード氏の
写真が掲げられ、91歳の今も健在。

17歳でイケアを創業し、一代で世界最大の家具チェーンを
築き上げた才幹の持ち主。

打ち出した理念は「洗練されたデザインと低価格の両立」
この理念の徹底こそイケアが世界に躍進した秘密といえます。

イケアを代表する商品の1つに40年以上販売を続けている
ロングセラーの商品のアームチェア「ポエング」があります。

特徴は体のラインにそって曲げられた
弾力性のあるフレーム。

色々なタイプがありますが
最も手ごろなものは6990円~から買えます。
累計で3000万脚以上を売り上げる大ヒット商品。

実はこれをデザインをしたのは、
北海道・札幌市で生活する日本人デザイナー中村昇さん(79)。

創業者にコスト意識を叩き込まれ、
「優れたデザイン」「低価格」を備えたものだけが
商品化することができると語ります。

人を大切にする経営

千葉・船橋市のIKEA Tokyo-Bayで
寝具売り場を受け持つ岸谷さん(31)は
4年前に働き始めた当時はパートタイマーでしたが、
3年前に正社員に登用されました。

イケア・ジャパンでは14年から
希望者を正社員として採用する制度を導入し、
現在は99%が正社員。

フルタイムで働く正社員、
労働時間を都合で選べる短時間正社員がいて、
岸谷さんは後者にあたります。

また、同店のバックヤードには社員食堂があり、
ランチビュッフェは370円で取り放題。
月に1~2回はイベントメニューがあり、価格は500円。
午後8時をまわると岸谷さんの仕事が終了し、
屋上へと向かった。

イケアで1日の業務を終えた岸谷さんは
屋上にある社員用の託児所へと向かい、
5歳の息子をむかえに行きました。

この託児所「ダーギス」はイケアの従業員なら
誰でも利用でき、育児と仕事の両立ができます。

ヘレン・フォン・ライス社長は
「契約を通して、従業員の権利を守り、
生活に困らない報酬を支払えば、
従業員のモチベーションは上がり、
幸せになります。幸せな従業員は接客も良くなります。

イケアでは従業員を『Co-Worker』と呼び、
同僚を意味します。わたしも同僚です。
共に働く時、肩書は関係ありません」
とコメントしました。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ