【ホンマでっか!?TV】若く見せる秘訣!シワ・たるみ防止のストレッチ

呼吸法の女性

2017年5月25日放送の「ホンマでっか!?TV」は
「若く見せる秘訣を大公開」

スポンサードリンク

老けて見える人若く見える人

【血糖値が高い人は4歳老けて見られる!?】

池田清彦先生によると、
血糖値が1割ぐらい高い人はだいたい
4歳ぐらい老けて見える。

糖とタンパク質が結びついてAGEという物質が作られ、
動脈硬化を起こしてしまう。

そうすると糖分は強い皮膚細胞を作ろうとする
働きを妨害してしまうのです。


【食前にギムネマを飲むと血糖値が上がりにくい!?】

森智恵子先生によると、
サプリメントのギムネマを食前に飲むと
血糖値の急激な上昇を抑え、老化防止に効果的。

血糖値が急激に上昇すると膵臓に負担がかかり、
インスリン分泌量が低下して将来的に
治療が必要になるとのこと。


【肘を温めて深呼吸すると痩せて若く見られる!?】

工藤孝文先生によると、肘を温めて深呼吸すると
健康的に痩せて若く見られる。

また、咳がひどい時にも
咳が止まることがあるそうです。

お湯につけたり、カイロで温めてもよい。

ストレスがあると交感神経が活発になり、
呼吸が浅くなっている。

肘を温めて深呼吸すると
副交感神経が活発になり、
リラックスできて結果的に食欲も抑えられるとのこと。


【笑った顔は老けて見える!?】

澤口俊之先生によると、脳は笑った顔を見ると
老けていると認識する。

笑うと目尻にシワが寄り、
見た瞬間に脳が老けていると認識する。
なので化粧品のポスターなどの女優さんたちは
笑顔があまりない。

恐怖の顔の方が若く見られるとのこと。


スポンサードリンク



【眉毛を離したメイクで若く見える!?】

重太みゆき先生によると、千秋さんのように
眉頭が離れていると若く見える。
なのでメイクで眉頭を離すと若く見える。

逆に眉毛どうしを寄せるメイクをすれば
大人っぽくみえるとのこと。

千秋さんはおちょぼぐちのまま
表情を動かさずに喋るため、
シワができにくい顔だとのこと。

一方で島崎和歌子先生は表情筋をしっかり使うことで、
顔にハリが出ているといいます。


【渇望感のある人は若く見られる!?】

植木理恵先生によると、
渇望感のある人は若く見られるという。

若い人は課題をかさないと食べられないという
状態を作ったほうがおいしく感じる。

人間は年を重ねるにつれ、楽をしたくなるという。


【若い時に読んだ小説や映画などを見ると若くなる!】

澤口俊之先生によると、若い時に読んだ小説などを見ると
若返る効果があるそうです。



顔のシワやたるみを鍛えるストレッチ&エビそり

岡田隆先生によると、首のシワやたるみは
首の筋肉を鍛えないと改善しない。

顔のシワ・たるみを防止するには、
あご下の皮膚を押させ突き上げるストレッチをすると良い。

さらに重太みゆき先生によると、
このストレッチに加え、えび反りもすると
目の上の筋肉が持ち上がり、生き生きとした目になる。

ブリッジ状態で後方をみるように意識すると良い。

寝る前に背中にクッションを置いて背中を反らせ、
仰向けのまま10~15分ほどやると効果的!



凍らせたペットボトルを持って平泳ぎ

工藤孝文先生いわく、痩せて若く見られるためには
凍らせたペットボトルを持って平泳ぎすると良い。

凍ったペットボトルで温度を感じるセンサーを
刺激すると身体が寒いと勘違いし、
褐色脂肪細胞を刺激して代謝が上がるとのことです。



工学部の最新技術

川平洋先生が、装着したまま歩けるイス
「アルケリス」を紹介。

脚にアルケリスを装着することで、
腰の負担を減らせるとのこと。

ただ重いので女性でも使えるよう
軽い素材にして改良予定とのことです。

中鹿亘先生が、声変換の最新技術を解説。
ブラックマヨネーズ吉田の声を機械に録音させ、
明石家さんまの声に変換させる実験を行ったのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ