【その原因Xにあり】血管力アップに養殖マグロ&蒸し大豆!

さわやかな女性

2017年5月26日放送の「その原因、Xにあり!」の
「血管力で老化ストップ&若返り!」。

養殖マグロ&蒸し大豆で血管力アップ!

スポンサードリンク

血管力を検査

「4人に1人」
これは平成27年に血管の病気で
亡くなった人の割合で、
がんに匹敵する数字だといいます。

今回は血管力アップ最強食材の検証のため、
血管に不安を抱える芸能人、
松崎しげる(67)、岡まゆみ(61)、パパイヤ鈴木(50)の
3名の血管力を検査。

今回の検査で池谷敏郎先生が注目したのは
「血管の強さ」と「プラークの有無」。

①血管の強さ→「血管内皮機能検査」で、
しなやかな血管かどうかを調べる。

②プラークの有無→「けい動脈エコー」で、
プラーク(血管内のコブ)の有無を調べる。

【①プラークの検査】
血管のもっとも内側の壁にある「血管内皮細胞」は、
傷つけられると血管が硬くもろくなってしまい、
動脈硬化につながってしまいます。

血管内皮機能の正常値は6.0以上。

松崎しげるさんは2.7
ひっかかってしまいました。


【②血管内の「プラーク」(コブ)】
けい動脈エコーでプラークの有無を調べると
岡まゆみ→プラークあり(1つ) 
松崎しげる→プラークあり(3つ) 

岡まゆみさと松崎しげるさんにみつかりました。

ある程度の大きさになってしまったプラークには
傷ができてしまい、その傷を塞ごうと
「かさぶた」ができます。

この「かさぶた」が剥がれて血栓となり、
細い血管を詰まらせるのだといいます。

血管パワーアップ食材は養殖マグロの赤身

池谷敏郎先生が教える血管パワーアップ食材とは
養殖マグロの赤身

天然でなく養殖が良い理由は、
EPAの量が豊富なため。

EPAは魚の脂に含まれる脂肪酸で、
アジやサバよりも養殖マグロの方が豊富。

EPAは傷ついた血管の炎症を抑えプラークを
傷つきにくくします。

実際EPAを摂取することで心筋梗塞のリスクが
3分の1軽減できるということがわかっているそうです。

なぜ養殖マグロにEPAが豊富なのか?

それは脂がたっぷり乗るよう育てられており、
エサにEPAが豊富なサバなどが与えられているため。

「養殖マグロの赤身」は
焼いてしまうと脂が20%落ちてしまうので、
EPAを100%摂ることができる「生」で
食べるのが良いとのこと。

今回は「養殖マグロの赤身6切れ」を
「1日1食10日間生で食べる」という検証を
岡まゆみさん、松崎しげるさんにしてもらいます。

スポンサードリンク

【養殖マグロ生活のやり方】
養殖マグロの赤身6切れを10日間生で食べる

ちなみに今回のルールでは、お酒はOK!
ビールなら350ml、日本酒なら2合が目安。

10日後、再び2名の検査を行なったところ
血管の強さを表す「血管内皮機能」は
正常値6.0のところ、岡さんは、6.8から10.7と
飛躍的にアップ!

松崎さんは4.4とまだ正常とは言えないまでも、
血管の強さに改善が見られたのでした。

血管力を上げるにはマグロのEPAだけでなく
生活習慣を改善することが重要とのことです。



白い血とは?

「血管の強さ」「プラークの有無」に問題がなかった
パパイヤ鈴木さんですが、今回の検査で大きな不安を発見。

それは白い血。 

正常な血液は分離すると赤血球などの赤い部分と
血しょう成分の透明な部分に分かれるのですが、
パパイヤ鈴木さんの血液の血しょう成分は
白く濁っていました。

白い血の正体はレムナントと呼ばれる物質で、
脂の塊のこと。

レムナントは血管内皮の膜を壊し、
血管の壁の中に侵入し、動脈硬化の原因となる
プラークをどんどん大きくしてしまいます。

さらには心筋梗塞を発症して、
突然死してしまう可能性もあるとのこと。

この、白い血にはメタボリックシンドロームの
傾向がある人がなりやすく、健康診断でもわかる
「中性脂肪」の値が高いかどうかが1つの目安とのこと。

正常値の上限である149mg/dLを超える人は
疑ったほうがいいというのですが
パパイヤさんの値はそれを大きく超える1905mg/dL!



「大豆ファースト」で白い血を改善

「白い血」を改善するために池谷先生が提案したのが、
食事の最初に大豆を食べる「大豆ファースト」。

大豆は食物繊維が豊富で、腸内の余計な糖や脂肪を排出。
さらには消化に時間がかかるため、
糖と脂肪の吸収をゆるやかにしてくれます。

特に池谷先生がオススメしたのが「蒸し大豆」。

煮たりすると流れ出てしまう水溶性食物繊維が、
余すことなく摂取できます。

【 「大豆ファースト」のやり方】
・糖質を減らすためご飯の量を半分にする
・半分にした分の大豆を食事の最初に食べる
・これを1日1回行う

※蒸し大豆が無い場合は納豆、豆乳、枝豆など、
他の大豆類でもOK!

パパイヤ鈴木さんの白い血はかなり悪かったため、
今回は2週間全食で「大豆ファースト」を実践。

2週間後の結果
パパイヤ鈴木さんの血はまだ白く濁ってはいるが、
指をかざすと透けて見えるほどに改善しました。

中性脂肪の値も1905から1730に減少。

今後も継続していくことで
さらに改善が期待できるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ