【スマステ/後半】1万円以下のアイデアホテル&宿!北斗星、レム、旅籠屋ほか

家具、部屋、家、ニトリ

2017年5月27日放送の「SmaSTATION!!」ことスマステは
「1万円以下で泊まれるアイデアホテル&宿」。

3人の専門家が選んだ、安く泊まれるのはもちろん、
驚きのアイデアで人気となっているホテル&宿を大紹介。
1万円以下で泊まれる!アイデアホテル&宿セレクション8。

ここでは後半の4つのホテル&宿を紹介!

スポンサードリンク

1万円以下で泊まれる!アイデアホテル&宿セレクション⑤~8

【⑤トレインホステル北斗星】

東京都中央区にある日本橋馬喰町
JR馬喰町駅の出口のすぐ隣にある、
細長いビルがアイデア宿。

こちらは、寝台特急北斗星の備品が再利用されて、
人気を博している宿泊施設。

北斗星とは、上野駅から札幌駅まで運行していた
寝台特別急行列車。

食堂車や個室寝台などがあり、日本初の豪華寝台特急
といわれていたのですが、2015年のダイヤ改正に伴い、
運行が終了。

2015年8月22日、最終便を見送る鉄道ファンの姿も
記憶に新しい。

それが、昨年の12月、馬喰町に相部屋スタイルの
ドミトリー型宿泊施設として生まれ変わったのです。

宿泊者はまず、1階の受付でチェックインをすませます。

鉄道ファンの心をくすぐる仕掛けが、
多数用意されています。

客室フロアの扉の脇には、寝台列車の車両番号のように、
各階のフロア番号が表示されており、
その上には、車体番号を表すプレートが。

扉を開け、進んでいくと本当に寝台列車。

実際の北斗星にあった、B寝台車両の2段ベッドを再現。
マットレスは、運行していたときのものを使用しているので、
実際の北斗星で寝ている感覚が味わえるのです。

上の段のベッドに上がる開閉式のはしごも当時のまま。

昭和の時代にはよくあった、瓶ジュースを開ける栓抜き。
また折り畳み式のミニテーブルも読書用の照明も、
当時と同じものが付けられています。

運行していた当時は、運賃込みで2万7980円だったのに対し、
こちらの1泊のお値段はというと、1人2100円から!

運行当時、最もハイクラスだった寝台A個室ロイヤルを
再現した部屋もあります。
こちらは1泊4000円からです


【⑥ビーチロックビレッジ】

沖縄県今帰仁村。
那覇空港から車でおよそ2時間。
沖縄本島の北部に位置し、美ら海水族館のある
本部町のお隣の村。

村にはショッピングモールなど、大型施設がなく、
手つかずの大自然が残ります。

国道505号線から山道へ、
木々の中をかき分けるように進み、
たどりついたのはテントが並ぶ宿泊施設。

こちらは、大自然の中に設置されている、
豪華なテントに泊まれる、話題のグランピング施設。

一体どのようなグランピング施設になっているのか。

人気の理由は沖縄の自然をできるだけ生かした、
手作り感のある施設や遊具の数々。
おしゃれな内装の豪華なテント。

さらに中にある木彫りのランプシェードや、
ベッドフレームも、実は従業員たちの手作り。

森を一望できるテラスなどもすべて従業員が
沖縄の自然と一体化することを考えて設計し、
作ったものなのです。

その中でも人気なのは
琉球松の木の上に作ったツリーハウス。

中は畳仕様の和室になっています。
このツリーハウスに登ってみる景色は
まさに絶景。

そして夜7時30分からは、夕食の時間。
夕食会場はテントの中に、
バーカウンターがあるこちら。

出てきたのは、沖縄名産の青パパイヤ
を鶏肉と一緒にトマト煮したものと、沖縄の県魚、
グルクンの焼き魚が付いた沖縄を満喫できる定食。

虫の声を聞きながら食べる夕食は格別。
都会のけん騒を離れ、沖縄の自然を満喫できる
ビーチロックビレッジ、1泊のお値段は、
夕食付きで、1人6500円です!


スポンサードリンク



【⑦remm(レム)六本木】

東京都六本木。
六本木交差点から徒歩1分。
ことし3月にオープンしたばかりのホテル。

ビジネスマンを中心に人気。
こちらのホテルは、”もっと、よい眠りを”
というコンセプトで、
レム睡眠、ノンレム睡眠のレムをホテル名としています。

よい眠りを約束する3つのポイント。

ポイント①全部屋にマッサージチェア
部屋に入ってすぐ目につくのが、立派なマッサージチェア。
全部屋に備え付けられており、もちろん使い放題。
疲れた体をほぐしてから、快適に寝てほしいという心遣い。

ポイント②レインシャワー
そして日本のホテルでは珍しい、レインシャワー。
雨のように優しい水流が、心までもほぐしてくれる。

ポイント③熟睡するためん開発されたベッド
そして、このホテルが最も力を入れているのが、ベッド。
このベッド、ただのベッドじゃない。

レムが日本ベッドと共同開発した、
オリジナルベッド、シルキーレム。

一般販売もされており、
部屋にあるダブルベッドサイズで32万円ほど。

このベッド、頭、腰、脚の3か所で、
ベッドの硬さが異なる設計になっています。

腰の部分がくの字に沈まないように一番硬く、
脚の部分はかかとがスムーズに動かしやすいよう、
一番柔らかく、そして頭は、寝返りがしやすいよう、
中間の硬さとなっています。

さらに、1800個ものスプリングが、
体重を分散して支えてくれるので
どんな姿勢で寝ても安心。

マクラは低反発枕や、横向きに寝る人向けの枕など、
その日の気分によって、6種類から選ぶことができます。

そんなもっとよい眠りを約束するホテル。
1泊の値段は、1人1万円!

頑張って疲れている自分へのご褒美にと
宿泊する人も多いそうです。

現在、六本木店はオープン記念期間のため、
およそ60種類の和洋さまざまな朝食ブッフェ込みで
1万円で宿泊することができます。


【⑧ファミリーロッジ旅籠屋(ここでは奈良針店)】

奈良県奈良市。
奈良市街地から車でおよそ30分。

国道369号線沿いにあるこちら敷地内に入ってみると、
ホテルというよりは、アパートのような造り。

宿がある立地は、周りに目立った商業施設などはなく、
田んぼが広がっています。

それにもかかわらず、夜になるとこの宿に多くの車がやって来て、
週末は満室という人気ぶり。

ロードサイドホテル!ファミリーロッジ旅籠屋奈良針店。

こちらは全国に58店舗を構える今人気急上昇中のホテル
チェーンファミリーロッジ旅籠屋。

このホテルチェーンが建っている立地のほとんどは、
近くに自動車専用道路や、高速道路の出入り口、
インターが近くにあるという共通点があります。

奈良針店の周りは、一見、何もないように見えますが、
車で5分走った所に、名阪国道の針インターがあります。

名阪国道とは、東名阪自動車道と、西名阪自動車道を結び、
名古屋方面と大阪方面に行ける自動車専用道路。

例えば1日目、USJなど、大阪観光をしてから宿泊し、
2日目、奈良観光はもちろん、
おいしい名古屋飯を食べに行くなんてことも。

インターに近い旅籠屋なら、
一般道を走る時間も短いので、楽々できます。
宿の作りはアメリカの郊外によくある
モーテルという素泊まりホテルを参考にしています。

まず駐車場に車を止めたら、
一度受付でチェックインを済ます。
そして部屋の鍵をもらったら、後は自由。

食事や買い物など、チェックイン後に外出する際、
普通のホテルは、ロビーを通ることがほとんどですが、
旅籠屋はアパートのような作りになっているので、
駐車場からそのまま部屋に出入りができるのです。

気になるお部屋の中はというと、
およそ15畳の広い部屋に、幅1.5メートルを超える
クイーンサイズのベッドが2台。

子どもと添い寝してもゆったりと眠れるのです。

朝食はロビーにパンとコーヒー、ジュースが並べられ、
宿泊者は無料で食べられます。

これでお値段、1泊1部屋4名利用で、
1人2700円から!
車移動に便利だと口コミで人気が広まり、
チェーン展開を全国に拡大中です。

以上が、1万円以下で泊まれるアイデアホテル&宿でした。



まとめ

【スマステ/前半】1万円以下のアイデアホテル&宿!パセラの森、鯉屋ほか

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ