【マツコ会議】ビールの売り子の実態!橋本環奈似のゆきのさんが話題

バンド、ロック、音楽

2017年5月27日放送の「マツコ会議」は
「高収入?女子大生に今人気バイト…
ビールの売り子さんのリアルな実態」

球場でビールを売る売り子さんに迫ります。

スポンサードリンク

ビールを売る売り子さんの実態

東京ドームお1階にある売り子さんたちが集まるミーティングルームへ。
サントリーさんの研修が行われていました。

売り子さん達に結構厳しく指導している先生たちがいました。

先生に話を聞くと、元々チェッカーという仕事で
今は売り子の指導をしているとのこと。
23歳の女性と21歳の男性がいて、
男性はアルバイトだったのでした。

「アルバイトがアルバイトにこんなに怒るの?」驚いていた。

売り子さんは歩合制で売ればるるほどお給料が高くなります。

いちばん持っている人は月収は20万円ぐらいとのこと。
5時間×数十日=20万

ビールが一番売れるのでビールが背負えるとお金になりやすい。

だれが何をしょうかはチェッカーの人が決めているそうで、
実績や出勤態度出勤日数などで決めているそう。

ビール800円 ハイボール650円 チューハイ550円

話を聞くと2年目でもチューハイの人がいたのでした。

「最短記録でビールをもった人は誰?」とマツコさん。

「3~4回目で持たせてもらいました。」と
橋本環奈似のかわいい女の子。

(この女の子は海津雪乃さんといって
モデルもしているようです。)

「ちょっとこれはおかしい。3~4回目なんて結果出てないし。
これはチェッカーのお兄ちゃんとなんかあるだろ。」とマツコさん。

チェッカーのお兄さんに聞くと
お兄さん「万人受けする可愛さがだったんで」

マツコ「てめえに受けてたんだろっ」

サワー組の女の子にビール組の子と何が違うか聞いてみると
「先輩方はスピードが速くて。接客もリピーターの方が多い。」

マツコ「お客さんがついているっていうことは
もはやちょっとキャバだよ。」

ビール組の子に話を聞きます。
ビール組にカメラを向けると
手を振るなど愛想が良い感じだったのでした。

頭にみんな違う花飾りをしています。
花飾りで覚えてもらったり、
同じエリアを売っていた前の人の花をもらってつければ
その子のお客さんが気づいてくれたりするそうです。

ビール組の子に売れる秘訣を聞くと
試合が長かったり、お客様に断られたりしても
ずっと笑っているそうです。

違う子は、みんなテンションが上がっているので
それに合わせて、ハイタッチやグータッチも
するそうです。

このあとは実際にサーバーを使って実践研修。

売り子さんたちが背負っている樽は、
重さ13キロ(3歳児ぐらい)ほどあります。

さきほどの橋本環奈似の女の子が再び登場。

入って1ヶ月だそうですが、ビールを注ぐと
半分以上泡立っていたのでした…。

成績の良い売り子さんは、
1列で1樽売ってしまったりするそうです。

 
マツコさんもスタジオで樽を担いでみます。
「重いよ~、こんなの持ってるの?」などマツコさん。

ビールを注いだマツコさん。
ビールを泡立てることなく注ぎ
はチェッカーから100点と言われたのでした。


【深堀り】

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ