【この差って何ですか】スキップできる人とできない人の差!川田裕美アナは訓練でできる?

ダンス、踊り、女の子

2017年5月31日放送の「この差って何ですか? 」の中の
「スキップできる人」と「スキップが全くできない
川田裕美」の差を紹介!

スポンサードリンク

スキップできる人とできない人の差

順天堂大学の青木和浩教授によると、
この差は2つの動作を同時にできるかどうか

川田裕美アナのスキップのようす↓

スキップに限らずスポーツが苦手な人は、
2つ以上の動作を同時に行うことが
とても苦手だとのこと。

2つ以上の動作を同時に行う能力を
コーディネーション能力といい、
運動神経が悪いと言われる人は
この能力が低い。

そこで、川田裕美さんの
コーディネーション能力をチェック。

【お手玉】
お手玉は投げる動作と受け取る動作を
同時に行っています。

小さい頃はお手玉をしていたという
川田裕美さんでしたが、
全くできなかったのでした。

【バスケットボールのドリブル】
続いてはバスケットボールのドリブル。

スポンサードリンク

ドリブルはボールをつく動作と走る動作を
同時に行うのですが、
これも全くできなかった。

【バドミントンのサーブ】
最後に、バドミントンのサーブ。
シャトルを投げる動作と打つ動作を同時に行うが、
シャトルを放さず自分の手をサーブしていたのでした…。



トレーニングでスキップできるようになる?

青木和浩先生が考案したトレーニングで、
スキップは出来るようになるのか。

まず、スキップが出来ないという一般人3人で、
検証します。

スキップの動きは、片足で2回ケンケンしてから
足を入れ替え、もう片方の足で2回ケンケンします。

まずは片足ケンケンからトレーニング。

スキップが出来ない人には、
そもそも片足ケンケンが出来ない人が多い。

続いて足を入れ替えるトレーニング。

最後は、輪っかを目印にして
(輪っかを2列用意しすこしずらす)
前へ進むトレーニング。

トレーニング開始から30分が経過。

ぎこちないながらも3人とも
スキップが出来るようになっていたのでした。

そして、番組収録後、川田裕美アナと青木先生が
トレーニングを開始。

トレーニングから30分後、スキップに挑戦。

川田アナは「できた~」といっていましたが
かなり不自然。

加藤浩次さんからは「ランニングマン」と
言われていました。

川田アナの場合はちゃんとできるまでに
もう少しかかるようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ