【主治医が見つかる診療所】カラオケの腹式発声で健康に!

カラオケ

2017年5月29日放送の「主治医が見つかる診療所SP」は
「深い呼吸で若返る&体柔らかストレッチ法で健康に!」

その中のカラオケで楽しみながら深い呼吸に!
腹式発声のやり方

スポンサードリンク

カラオケで健康に

埼玉県の南越谷健身会クリニックの
周東寛(しゅうとう ひろし)医院長。

呼吸に関する著書を数多く執筆し、
呼吸の不調に悩む多くお患者さんたちを
みんなでできるユニークな改善法で救ってきた
呼吸のスペシャリスト。

周東医師は呼吸を研究する中で、
歌う事の健康効果に注目、
医療にカラオケを取り入れています。

ある発声法でカラオケをすると
健康効果が高まるということを
発見したそうです。

そして、病院内にカラオケルームを設置。

週2~3回、歌の講師を招きその発声法による
カラオケ教室を開いているのです。

また、周東医師は年間20回程度
その発声法の講演会を開催しているとのこと。

周東医師によると
血圧低下
肩こり改善
肌の改善
ストレス解消
かぜを引かなくなった
などの効果があるそうです。

スポンサードリンク



腹式発声のやり方

「函館の女」は深い呼吸にオススメの曲。

オススメは1フレーズを一息で長く吐いて歌う曲。

健康になれる発声法は腹式発声。

腹式発声とは
腹式呼吸をしながら声を出す発声法。

息をたくさん吐けるので多く酸素を取り込めます。

【周東医師流 腹式発声】

①お腹に手を当てて鼻から息を吸う。
※お腹を膨らませるように意識する。

大声で「あー」と12秒程発声する。

②同様にお腹に手を当てて鼻から息を吸う。
※お腹を膨らませるように意識する。

大声で「おー」と12秒程発声する。
※口をできるだけすぼめる。

実はこれは口すぼめ呼吸。
口をすぼめながら息を吐く事で、
自然と気管や肺に圧力がかかり、
空気の通り道である気道が広がるため、
呼吸が楽になります。

この腹式発声を
毎日数分間続けるとだんだん深い呼吸になり
歌もうまくなるそうです。

姫野先生によると腹式呼吸がうまくできない人は
寝た状態でおなかに本を置くとやりやすいとのことです。



オススメのカラオケ曲

50代:夢想花/円広志、愚か者/近藤真彦
40代:シングルベッド/シャランQ、空と君の間に/中島みゆき
30代:もののけ姫/米良美一、箱根八里の半次郎/氷川きよし

共通点はワンフレーズを
一息で長く吐いて歌える歌です。


まとめ

この日の主治医が見つかる診療所の記事↓
【主治医が見つかる診療所】1日3分で体を柔らかく!若返る体幹ストレッチ

【主治医が見つかる診療所】きくち体操やかわむら式ヨガ、ヒザ裏伸ばしストレッチ

【主治医が見つかる診療所】カラオケの腹式発声で健康に!

【主治医が見つかる診療所】深い呼吸で健康に!大胸筋ストレッチや寝るだけ横隔膜伸ばし

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ