【ジョブチューン】病気予防の食べ物!ヒザ痛に効果的なしょうがのレシピ

しょうが

2017年6月3日放送の「ジョブチューン」の
「病気を予防する最強の食べ物SP」。

ここではひざ痛に効果のある食材の紹介!

スポンサードリンク

ひざ痛にしょうが

潜在患者数約3000万人、
60歳以上の女性の半数が痛みを抱えているというのが
ヒザ痛です。

グルコサミンやコンドロイチンが
ヒザ痛にいい成分とされていますが、
今回はそれらを含まない食材を、
東千葉メディカルセンターの渡辺淳也先生が紹介。

渡辺淳也医師がヒザ痛についてぶっちゃけ。

原因は主に加齢で、軟骨がすり減り、
骨と骨が直接こすれて痛みが出ます。

歩くだけでもヒザには体重の3倍の
負担がかかっています。

早いと40代から症状が出て、
男性より女性が多いといわれます。

一方、今回紹介する食材は
国際変形性関節症学会で発表された論文にも書かれ、
ヒザの軟骨のすり減りを防げる効果が
期待できます。

その食材を生産し、毎日食べているという
四万十町の農家のヒザのMRI検査を実施したところ、
多くの農家がヒザの軟骨に実年齢以上の
しっかりとした厚みがあったのでした。

渡辺淳也先生がヒザ痛の予防改善に効果的な
食べ物をぶっちゃけ。

その食べ物とは、しょうが

しょうがに含まれるジンゲロールという成分が
鎮痛作用や炎症を抑える作用があるとされています。

1日60g摂取すると効果があります。

6週間、1日60g摂取した人の4割が
ヒザの痛みが軽くなったといいいます。

毎日60gを食べるのはなかなか大変ですが
乾燥しょうがなら水分が飛んで濃縮されているので、
10分の1の6g程度ですみます。

乾燥しょうがはカレーやおみそ汁に入れてもおいしいので
うまく取り入れるとよいそうです。

スポンサードリンク

しょうがのジンゲロールは加熱すると
ショウガオールという物質に変化しますが、
ひざ痛への効果は変わらないので
加熱しても大丈夫とのことです。



しょうが農家のしょうがのレシピ

しょうがと同じ効果がある新しょうがを使ったレシピを、
産地四万十町の農家が教えてくれました。

【しょうがの炊き込みご飯のレシピ】

 
『材料』(4人分)
 
しょうが→ 100g
新しょうが→ 20g
米→ 3合
鶏肉→ 100g
油揚げ→ 1枚
だし汁→ 420㏄
みりん→ 大さじ2
酒→ 大さじ3
しょうゆ→ 大さじ3
 
 
『作り方』
 1.炊飯器に米、だし汁、みりん、酒、しょうゆを入れる。
 
2.食べやすい大きさに切った鶏肉、油揚げを入れる。
その上に千切りにしたしょうがをのせて炊く。
 
3.炊きあがったご飯を盛り、
新ショウガの千切りをのせればできがり!
 
生の新ショウガの千切りをのせることで
より香りと食感が楽しめます。
 
 

【しょうがのかき揚げのレシピ】
 
『材料』(3人分)
 
新しょうが→ 120g
にんじん→ 30g
小麦粉→ 50g
水→1/2カップ
 
 
『作り方』
 1.新しょうが、ニンジンを太めに千切りする。
 
2.小麦粉を水で溶かして、①と混ぜ合わせる。

3.②を一口サイズのサイズにまとめて、
170℃のサラダ油で1分ほど揚げればできあがり。

新しょうがは生でも食べられるので
食感を楽しむためサッと揚げるのがポイント。
 
 

♪————————-♪
ひざ痛の予防・改善
毎日しょうがを食べることが効果的
♪————————-♪



まとめ

この日の紹介された病気を予防する食べ物の記事↓
【ジョブチューン】睡眠の質を上げる水出し緑茶&老眼・白内障予防にほうれん草

【ジョブチューン】病気を予防する食べ物!長野県の長寿の秘訣!寒天レシピ

【ジョブチューン】病気予防の食べ物!骨粗しょう症にレモン!ラッシーのレシピ

【ジョブチューン】病気予防の食べ物!ヒザ痛に効果的なしょうがのレシピ

【ジョブチューン】病気予防の食べ物!冷え症の予防改善にスイカ!レシピも

【ジョブチューン】病気予防の食べ物!免疫力アップに青じそ&シミシワの改善にシナモン豆乳

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ