【めざましテレビ/ココ調】今年は3Dヒップ!?簡単美尻エクササイズのやり方

水着、女性、お尻

2017年6月6日放送の「めざましテレビ」の「ココ調」は
「”美尻”意識する女性急増中!今年の主役は3Dヒップ!?」

美尻になれる美尻エクササイズを紹介!

スポンサードリンク

美尻を意識する女性急増中!

もうすぐ夏。
女性にとってはスタイルが気になるこの季節。

これまで「美脚」や「腹筋女子」を取り上げてきましたが、
今、来てるのが「美尻!」

街で女性100人にアンケートしたところ、
80%が「美尻になりたい!」と回答。

先月発売された雑誌「アンアン」でも
「目指すは丸みのある3Dヒップ」と美尻特集が。

さらに、SNSでも、先月タレントのマギーさんや
朝比奈彩さんが見事な3Dヒップを披露!

街で女性100人にアンケートしたところ、
半数以上の58%がお尻を鍛えていることが判明。

アンケートの結果、理想の美尻第1位は、
程よく筋肉のついた丸みのある、キュっと上がったお尻。
いわゆる、3Dヒップ。

これは、見た目にかなりメリットがあると
専門家はいいます。

お尻が出っ張っていると
大きさ対比の錯視(ボールドウィン錯視)が
起こり、ウエストが細く見えるとのこと。

さらに、長年お尻の筋肉を研究してきた
ヒップアップアーティストの松尾タダシさんによると
理想のお尻はアヒルタイプ。

スポンサードリンク

アヒルタイプとは
壁にお尻を付け、胸を張った際、背中、腰、お尻のうち、
お尻だけが壁につく人のこと。

しっかりとお尻が上向きになっているため、
自然と姿勢がよくなり、背骨にも負担がかからず、
腰痛にもなりにくいといいます。

しかし、調査してみると
アヒルタイプはあまりいません。

調査の結果アヒルタイプだったのは50人中3人。
僅か6%

実はこのアヒルタイプ、多くは遺伝などの関係で、
骨盤が明らかに前傾している状態のため、
自然とおしりがあがり、
立体的な3Dヒップになりやすいと言います。

日本人女性に多いのは
お尻をつけたさい、背中が壁につく
洋ナシタイプ。

しかし、この「洋ナシ」タイプは
骨盤が前傾していないため、
立体的になりにくいのが実情。



美尻エクササイズ

ではどうすれば、立体的な3Dヒップを
手に入れる事ができるのでしょうか?

そこで去年オープンした美尻に特化した
トレーニングジム「Spice Fitness」へ。

ポイントをトレーナーの岡部さんに聞いてみると
「お尻の筋肉は大きいから、
重い筋トレをしないと反応しない」

という事で美尻トレーニングを伝授して頂きます。

【ゴムバンドを使った美尻トレ①】

両足にゴムバンドをはめ、
すこし腰を落として前かがみになりになり、
ゴムバンドを緩めないように
前後左右にステップしていきます。

これは初心者向けのトレーニング。

両足でゴムバンドを引っ張りながら、
前後左右に動く事で効率よく
お尻の筋肉が鍛えられるんです。


【ゴムバンドを使った美尻トレ②】

続いては横向きに寝た状態でひざにゴムバンドをして
小刻みに足を上下させるトレーニング。

これを片足30回ずつ行います。



自宅でできる美尻エクササイズ

お家でできる簡単な美尻エクササイズを
教えてくれました。

寝そべりながら上の足を上下に動かす

美尻エクササイズ

これを毎日行うだけで
お尻を鍛えることができるそうです♪

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ