【得する人損する人】ウル得マンのエビレシピ!エビチリ&エビフライ

えびとにらの卵炒め

2017年6月8日放送の
「あのニュースで得する人損する人」の
中の「ウル得マン30分クッキング」

短時間で数多くのメニューを作れる
スピード自慢の得損ヒーロー
「ウル得マン」こと“犬の心・いけや賢二”。

今回の食材はえび。

ここではエビチリ&エビフライのレシピを紹介!

スポンサードリンク

ウル得マン30分クッキング

全国公演を間近に控えたワハハ本舗の稽古場で
ウル得マンの30分クッキング。

エビを使って40人分のエビ料理を30分で何品のメニューを
作れるのかにチャレンジ。



エビチリのレシピ

【エビチリのレシピ】

『材料』 ※大皿用のレシピです
エビ 20匹
長ネギ 1/2本
チンゲン菜 2株
塩 少々
サラダ油 適量
(チリソース用)
おろしにんにく 大さじ1
おろししょうが 大さじ1
豆板醤 大さじ1/2
水 400ml
鶏がらスープの素 大さじ1/2
トマトケチャップ 大さじ6
酢 大さじ2
砂糖 大さじ1
(水溶き片栗粉)
片栗粉 大さじ1
水 大さじ2

『作り方』
1.長ネギは斜め切り、
チンゲン菜は3~4センチ長さに切る。

2.フライパンにサラダ油を熱し、
チンゲン菜を入れて軽く炒め、
塩を加えて味付けして皿に盛り付ける。

3.フライパンにサラダ油を熱し、
エビを素揚げして取り出す。

4.③のエビを取り出した後のフライパンに、
おろしにんにく、おろししょうが
、豆板醤を入れて炒める。

※水分を入れず、まず香辛料だけを炒めることで
風味がぐんと増し、本格中華店の味に仕上がる。

5.水で溶かした鶏がらスープを④に入れ、
砂糖、お酢、トマトケッチャプを加える。

6.素揚げしたエビ20匹を、チリソースに投入し、
切ったネギも加え、煮詰めていく。

7.⑥に水溶き片栗粉をいれてとろみをつけ、
②の上に盛り付ければできあがり!



スポンサードリンク



エビフライのレシピ

【エビフライのレシピ】

『材料』 ※大皿用のレシピです
エビ 20匹
揚げ油 適量
ベビーリーフ 1袋

(付け衣用)
小麦粉 100g
ビール 200ml
卵 1個
パン粉 適量

(タルタルソース用)
らっきょう 6個
昆布 10cm
卵 2個
マヨネーズ 適量
レモン汁 小さじ1
(砂糖水)
ぬるま湯 150ml
砂糖 小さじ1
『作り方』
1.エビは、しっぽを残して背ワタを取り、
腹側に包丁で切り込みを入れまっすぐになるように
伸ばす。

2.小麦粉&ビール&卵をしっかりと混ぜ合わせ、
①のエビに絡めて、パン粉をつける。

※衣にビール入れることで、ビールの炭酸で衣に泡を作り、
空気が入り込むようにしてサクサク食感が生み出している。

※アルコールでエビの臭みも消し、コクも出る。
加熱することでアルコールは飛ぶので、お子さんも安心。

3.フライパンに揚げ油を入れ、
170度程度に熱した中に入れてこんがりと揚げ、
ベビーリーフを盛り付けた皿にのせる。

4.卵を耐熱容器に入れて卵黄に穴を開け
600Wの電子レンジで約40秒加熱。

5.砂糖水で戻しておいた昆布とらっきょうのみじん切り、
マヨネーズ、レモン汁を④の卵に加えてタルタルソースを作り、盛り添える。

※昆布を早く柔らかくしたい場合は、ぬるま湯で作った砂糖水につけ置くと、
普通20分がかかる所、約5分で柔らかくなる。

理由は、砂糖水と昆布の間に、糖分濃度の差があるため。

濃い方から薄い方に移動する浸透圧の原理が働くので、
薄い糖を含む昆布の中に濃い糖を含んだ水がどんどん移動し、
真水の時より早く昆布の中に水分が入るので柔らかくなる!

※この得ワザは、早く昆布を柔らかくしたい場合にオススメ
昆布のだしを使用したい場合は、普通に戻す方法がオススメ。


【得する人損する人】ウル得マンのエビレシピ!えびしんじょう&エビのつけ麺

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ