【その原因Xにあり】脂質の肉が糖尿病の原因に&血糖値を上げない間食のとり方

牛肉

2017年6月9日放送の「その原因、Xにあり!」の
「食生活を見直して血糖値改善SP!」。

ここでは糖尿病の原因になる脂質の多い肉食&
血糖値を上げない間食のとり方
について紹介!

スポンサードリンク

高血糖の原因、脂質にもあり!

華道家・假屋崎省吾(58)さんは
今から14年前の44歳の頃
バラエティ番組の出演を機に大ブレイク。

華道教室や個展、テレビ、ラジオ出演など
休む間もなく働いていました。

ハードな生活の支えは、スタミナの付く食事。

忙しい毎日を乗り切るため肉を食べることで
パワーを回復していました。

そんな日々が続いたある日。身体に異変が。

階段を1段上がるたびに息が切れたり、
以前は、食べれば疲れが取れていたのに、
食べてもなかなか疲れが取れなくなっていたそうです。

そこで病院で血液検査。

空腹時の血糖値が126mg/dLを超えると
糖尿病と診断されるところ、
假屋崎さんは、血糖値273(mg/dL)。
重度の糖尿病(2型)と診断されたのです。

銀座泰江内科クリニック泰江先生によると
「假屋崎さんの場合、頻繁に肉を食べていたことで
脂質を多く摂ってしまい、
それが高血糖の原因に繋がった」と
考えられるとのこと。

血糖値を上げる最大の原因は糖質。
しかし、肉の脂質も多く摂りすぎると
血糖値を高める原因にもなるそうです。

通常、血液中に糖が増えるとインスリンが
出て糖の濃度を調節します。

しかし、脂質を摂りすぎると内臓脂肪が増加。
内臓脂肪から分泌されるTNF-α(ティエヌエフアルファ)が、
インスリンの働きを妨げてしまい、
結果 高血糖を引き起こしてしまうのです。

つまり、肉を食べるなら脂身の少ないものを
選ぶことが重要だったのです。

その後、食生活を改善した假屋崎さんは
血糖値は127mg/dLまで低下。

現在も薬で血糖値予防に努めているとのことです。


高血糖になりやすい傾向のある人

【隠れ肥満の人】
見た目は太っていなくても
内臓脂肪が溜まっているお腹ポッコリ型の肥満

【40代以上の女性】
女性ホルモンが血糖値の上昇を抑える効果があり、
加齢によって減少してしまうので高血糖になる可能性も。


高血糖の原因、ちりつも食いにもあり!

経済評論家・森永卓郎さん(59)は
今から8年前、雑誌の連載30本以上、
毎朝5時からラジオの生放送と超多忙な生活を
送っていました。

頭をフル回転させるため、せんべい、クッキー、
チョコ、ガムなど食べていたそうです。

そんな生活が続いていたある日。

スポンサードリンク

脚のかゆみをかんじ、目覚めると
右脚だけが破裂しそうなほど腫れ、
猛烈な痛みで歩けなくなったのです。

すぐに救急病院へ。

結果は傷口から雑菌が入ったことによる感染症。
しかし、感染症だけではなく糖尿病かも
しれないという。

数日後、近くの病院で血液検査をしてみると
空腹時の正常な血糖値110mg/dLのところ、
森永さんの血糖値は600(mg/dL)以上という結果に!
重度な糖尿病(2型)と診断されました。

銀座泰江内科クリニック泰江先生によると
脚のかゆみのような違和感は、
高血糖により起こった神経障害。

なぜ異常な高血糖に?
森永さんの場合、一口だけならいいかと
つまんだお菓子が「ちりつも食い」となって
高血糖の引き金になってしまったと
考えられるそうです。

通常、食事を摂ると血糖値は上がり、
その後、2~3時間かけてゆっくり下がります。
このサイクルが食事のたびに繰り返されます。

しかし、森永さんのように食事の合間に
「つまみ食い」をたびたびすると
血糖値が下がりきる前に再び上昇。

食べるたびに、どんどんあがってしまう。

この時、高血糖を抑えようと膵臓からは
インスリンが大量に分泌している状態に。

しかし、膵臓はだんだん疲弊しインスリンも分泌されず
その働きも鈍くなる。
これが習慣化すると糖尿病になってしまうといいます。

現在の森永さんは食生活を見直し、つまみ食いをやめ
血糖値も正常値に近い状態まで戻ったそうです。



血糖値をあげないための理想の間食

1.200kcal以下に抑える
一番良いのは200kcal以下の間食。

1食摂取が約600kcalといわれているので、
その半分を超えると間食ではなく食事になるる。

2.食事の一環として食べる 
懐石料理やフレンチのコースのように、
食事の一環として食べます。

血糖が上がってもしっかり下げる時間をつくれば
膵臓の疲弊を防げるとのこと。



食事の時間が空きすぎるのも高血糖の原因に!?

食事の時間が空きすぎると、身体はエネルギー不足を感じ、
糖が欲しくなります。

空腹の時間が続くと、糖を急いで吸収しようとするため
インスリンを大量分泌した膵臓は疲弊し、
インスリンの出が悪くなり、
結果、高血糖を引き起こしてしまいます。

そのため、食事と食事の間は6時間以上
あけないことが重要とのことです。


関連記事

この日のその原因Xにありの記事↓
【その原因Xにあり】熱中症の原因は高血糖にも!予防にトマト

【その原因Xにあり】脂質の肉が糖尿病の原因に&血糖値を上げない間食のとり方

【その原因Xにあり】高血糖予防に赤味噌!特に八丁味噌が血糖値改善に

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ