【その原因Xにあり】高血糖予防に赤味噌!特に八丁味噌が血糖値改善に

みそ

2017年6月9日放送の「その原因、Xにあり!」の
「食生活を見直して血糖値改善SP!」。


高血糖予防に赤味噌、特に八丁味噌の紹介!

スポンサードリンク

高血糖予防に赤味噌

きしめん、ひつまぶし、小倉トーストなど
独特の食文化を持つ愛知県ですが、

実は「糖尿病の死亡率が低い県」で
6年連続ベスト3にランクイン
しているのだそうです。

その理由を愛知県民に聞いてみると
話に出て来るのが「赤味噌」。

昼の定食屋では味噌かつ定食が注文され、
小学校・中学校の給食には
味噌を使ったメニューが並び、
一般家庭でも毎日赤味噌を使った料理が
作られています。

愛知の食生活に欠かせない「赤味噌」。
赤味噌が高血糖予防に効果的な理由、
その秘密は味噌の色。

銀座泰江内科クリニック泰江先生によると、
味噌に含まれているメラノイジンという成分が
高血糖予防に効果が期待出来るとのこと。

メラノイジンは、糖の消化のスピードを抑え、
血糖の上昇を穏やかにする色素成分。

しかも、このメラノイジンは、
味噌の色が濃いほど多く含まれるそうです。

つまり、愛知県で愛されている赤味噌は、
他の味噌に比べ、メラノイジンが多く
含まれているのです。


スポンサードリンク



最強の赤味噌「八丁味噌」

そして高血糖予防に効果的と言われる最強の赤味噌
が「八丁味噌」なのだそうです。

ある研究では10種類の味噌のうち、
メラノイジンの量が最も多いという結果がでたそうです。

その秘密は作り方にあるとのこと。

岡崎のまるや八丁味噌 当主・浅井信太郎さんによると、

①蒸した大豆を使う
②2年以上熟成させる

多くの味噌は、大豆を煮て作るため
水に溶け出しやすい性質のメラノイジンは、
煮汁に溶けだしてしまいます。

しかし、八丁味噌は大豆を蒸して作るため、
メラノイジンが溶け出しにくいといわれています。

さらに、長期熟成することで、
色が濃くなりメラノイジンが増えていくのだそうです。



関連記事

この日のその原因Xにありの記事↓
【その原因Xにあり】熱中症の原因は高血糖にも!予防にトマト

【その原因Xにあり】脂質の肉が糖尿病の原因に&血糖値を上げない間食のとり方

【その原因Xにあり】高血糖予防に赤味噌!特に八丁味噌が血糖値改善に

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ