【ガッテン】骨・筋肉に欠かせないビタミンDのとり方!鮭や足の裏で日光浴

鮭の味噌煮

2017年6月7日放送のNHK「ガッテン」は
「緊急報告!日本人の体に異変?骨・筋肉の
パワーがよみがえるSP 」

欠乏すると将来重大なリスクがあるビタミンDの
とり方について紹介!

スポンサードリンク

美白ブームで血中ビタミンD濃度が減少!?

いま「あるビタミン」が
大きな注目を浴びています。

筋肉や骨に欠かせないだけでなく、
脳など様々な臓器と関わっていることが
分かってきたからです。

しかし専門家による推計では、
日本人のおよそ半数の人が欠乏状態とのこと。

それには理由があります。

1970~80年代、かつて小学校では夏休み後、
日焼け大会が行われていて、90年代になるまで
小麦色ブームでした。

しかし、90年以降は美白ブーム。

小麦色から美白に変わるきっかけになったのは
1985年ごろの「オゾンホール問題」。

この問題をきっかけに紫外線への意識が高まり
小麦色ブームが終わりに向かったのです。



ビタミンDが欠乏すると将来重大なリスクが

実はビタミンDは、皮膚の中にある
「コレステロールの一種」に、
日光の紫外線(UV-B)が当たることで、
体内で作ることができます

帝京大学ちば総合医療センターの岡崎亮教授は、
現代日本人のおよそ5割がビタミンD欠乏状態と推定し
将来重大なリスクになるといいます。

ビタミンDは骨と血中カルシウムの濃度を保つために
必要で、ビタミンDがなければ
いくらカルシウムを食べてもあまり
吸収されないといいます。

現代人は日焼けを防ぎすぎているため
ビタミンDが体の中であまり作られず、
特に若い世代は骨密度も低い。

ビタミンD欠乏状態が長く続くと、
血液中のカルシウム濃度や骨密度が下がるなど、
骨粗しょう症のリスクが上がることが
分かっています。

ビタミンD欠乏を特に気にしてほしい人として、
10~20代、妊婦さん。

妊婦さんは胎内で赤ちゃんを育てているため
栄養が欠乏しやすく、産後骨密度が低下し
骨折リスクが上がります。

ではビタミンDをとるには
どうしたらいいのでしょうか?

ビタミンDを食べ物から摂取する

アメリカのオリンピックチームでは
強い選手を育てるためにビタミンDを
積極的に取り入れているそうです。

スポンサードリンク

新潟・村上市ではビタミンDを大量に含んだ
さけを沢山食べる文化があります。

なので日照時間に関わらずビタミンDの血中濃度が
高くなっています。

さけ1切れには食事からとるビタミンDの
2日分以上が含まれているとのこと。

ビタミンDたっぷり食材のまとめ。
ビタミンDは基本的に魚類やキノコ類に
多く含まれています。

厚生労働省が設定する目安量(1日5.5mug)は、
サンマやアジ、サバ、鮭など、
食卓によく登場する魚1食分で
十分に上回ることができます。

またキノコでは、マイタケ(1パックおよそ75gで5.5mug)、
干しシイタケ(100gで12.7mug)などに
比較的多く含まれています。

肉類や穀物にはほとんど含まれていないため、
あまり日光に当っていない方は、
魚やキノコ類を意識して食べるのがオススメ。



日光に浴びて補給

岡崎亮教授によるとは1日10分~15分の日光では
皮膚がんのリスクはほとんどないそうです。

例えば「東京近郊」の「6月」であれば、
顔と両腕を出した状態で15分程度で十分まかなえます。

※ただし日本皮膚科学会は、
肌の色が赤くなるほどの日光浴は
注意だと呼びかけています。


足の裏でビタミンDをゲット

そこでガッテン!が
足の裏でビタミンDをゲットできるか実験

一番焼けたくない顔は麦わら帽子で日ざしをカットし
完全防備スタイル。

外に出たら靴下を脱いで足の裏を出します。
手の甲や足の甲は日焼け止めでしっかりガ−ド。

出すのは日焼けしづらい手の平と足の裏のみ。
実験当日は4月。
まだ日光が弱いのでちょっと長めに
20分日光浴をしました。

その結果。
20分太陽に当てただけで血液中のビタミンD濃度が
上昇しました!

日光浴前が0.3ぐらい
日光浴後が0.8ぐらい
(表から推察)

どうしても日焼けしたくない方は
足の裏がいいかもしれません。



サプリもあります↓

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ