【世界一受けたい授業】家や浴室のカビ対策!早く乾く部屋干しの方法

Yシャツの洗濯

2017年6月10日放送の「世界一受けたい授業」の
中の「梅雨の時期!家族を守れ今からできるカビ対策 」

浴室を守る3つのポイントや
カビに負けない部屋干し方法を紹介!

スポンサードリンク

梅雨の時期に増えてくるカビ

梅雨の時期に増えてくるカビ。

安心と思っている冷蔵庫の中にも
カビの要注意ポイントがあります。

それは製氷機の給水タンク

実はカビは氷の中でも死なず、
製氷機の中にひそんでいることもあります。

つまりカビなどを
一緒に飲んでいる危険性があるのです。

給水タンクのお手入れは水道水の場合は
1週間1回以上行うとよいそうです。

カビの危険を教えてくれるのは
7年連続で登場している
千葉大学准教授の矢口貴志先生です。


家のカビ汚染スポット

矢口先生が3人家族の居関さん一家のお宅で
カビ調査をします。

10年前に建てた自宅はキレイに見えますが…。


【カビ汚染スポット①下駄箱】
下駄箱の中でカビが生えやすいのは、
靴の箱の中なのだそうです。
大事な靴ほど箱の中にいれて保管していませんか?
これはNG。

実は紙でできた箱は湿気を吸いやすいため
カビ汚染の点から見ると危険なのです。

実際に箱の中のカビを調べてみると
カビ毒を出す危険な菌であるアスペルギルス・ニガーという菌
検出されました。

【箱の中で靴を保存したい時の対策】
①靴を使用後、しっかりとホコリや土をよく落とす
②しっかりと乾かしてから箱にしまう
③箱の中に乾燥剤を入れるとさらに良い

また、湿気は下に下がってくるので、
除湿剤は下駄箱の一番下の段に置き、芳香剤を上段に置くと
効果的。


【カビ汚染スポット②キッチンのスポンジ】
キッチンのスポンジにはぬめりの原因となりやすい
「サッカロマイセス」という菌が検出されました。

洗い物がおわった時に、
スポンジを洗剤がついていた方が
除菌効果があると思って
洗剤をつけたままにしていませんか?

これ本当はよくないらしいです。
食器洗い後そのままにしたスポンジと
食器洗い後水洗いしたスポンジで
それぞれのカビの数を調査。

すると、水洗いしたスポンジでは、
カビ毒を作る危険性のある「ペニシリウム」
一つだったのに対して

そのままのスポンジでは、
・野菜を腐らす「リゾプス」
・カビ毒を作る危険性がある「ペニシリウム」
など合計4つのカビが検出されました。

食器洗い後は、食べ物の汚れが
スポンジに残っているため
いくら洗剤がついていても、細菌やカビが
増殖してしまいます。

【対策】
泡がなくなるまでスポンジをもみ洗いし、汚れを落とす


【カビ汚染スポット③洗濯機】
実際に調べてみると
アレルギーの原因となる
「クラドスポリウム」や「オーレオバシディウム」
が検出されました。

実はある行動で洗濯機にカビが生えやすい状態に
なっていました。

洗濯機の中に洗濯物をためるのはNG 
カビは汚れが大好きなので、
洗濯機の中に汚れた衣類を長時間入れておくのは
カビを育てているようなもの。

【対策】
①洗濯物は洗濯カゴのにためる
②洗う直前に洗濯機へ入れる
③普段から洗濯機のフタを開けておく

また、意外なカビの汚染スポットも。

あるものを直接触ると皮膚に円形状の
赤い湿疹・リングワームができてしまいます。
一体、何に触って感染したのでしょうか?


正解は
ペット

ミクロスポルム・カニスというカビに
感染してしまった猫は円形状に毛が抜け、
皮膚がただれてしまいます。

このカビにペットが感染したことを知らず、
飼い主が触れると腕や顔など
全身にリングワームが浮かび上がり、
強い痒みを伴うのです。

スポンサードリンク

普段から、ペットを触った後は
ハンドソープでよく手を洗うようにすることが
大事だとのことです。



浴室のカビ対策

主婦が選ぶカビが気になる場所
第1位は”浴室のカビ”

「浴室のカビ」もカビが生える条件

①汚れなどの栄養素
②20~30℃の温度
③70%以上湿度

この3つが揃うこと。

つまり浴室はカビにとって良い条件が
すべてそろった住みたい街ナンバーワンなのです。

では、対策はどうすればよいのでしょうか?
①栄養素②温度③湿度
の3つの条件をそろえなければいいのです。

 ①栄養素をなくすには
・お風呂上がり後に壁や床などをお湯で流す
これにより、カビの栄養素となる皮脂や石鹸カスなどの
汚れを洗い流す。

②温度をなくすには
先ほどのお湯で流した後に、
今度は水のシャワーで浴室全体の温度を下げる

③湿度をなくすには
・壁についている水気をタオルで拭き取る
・換気扇や窓を開けるなど換気を行う

これを毎日全部、行うのは大変なので
どれか1つ以上行うのが目標。

それだけでカビの生えにくい環境に
することができます。



もしも風呂場で黒カビを発見したら

黒カビは1度できると、日がたつにつれ
どんどん根をはっていき、取りにくくなります。

見つけたらすぐにカビ取り剤で掃除をしましょう。

中にはカビを取るために、
ブラシでゴシゴシと取っている人も
いるかもしれませんが、これはNG。

ブラシでゴシゴシと擦ることで、細かい傷がつくため、
次にカビが生えた時に
さらに深くまで根をはってしまうのです。





なかなか取れない黒カビの対策
・カビ取り剤の上からキッチンペーパーなどで
パックして5分間置く

そうすると、カビが取れやすくなります


部屋干しのカビ対策

梅雨になると増える部屋干しも
カビが増える大きな原因の一つ。

家族4人分(約5kg)の洗濯物を部屋干しした場合
約3の水を部屋の中にバラまいているのと
同じ状態に!

そこで対策として除湿機を使う場合
除湿機の風が洗濯物に直接当たるように近づける

これでより早く乾くようになるそうです。

そして乾きにくいジーンズは
裏返して干す

これにより生地が重なり合っているポケットの部分も
しっかりと乾かすことができます。

また、ウエスト部分を円形にとめると
早く乾きやすくなります。

バスタオルの干し方
洗濯物は上から渇くため下側は
最後まで湿った状態に。

そのためバスタオルのすそをそろえて干すと
湿った部分が重なってなかなか乾きにくいのです。

そこですそをそろえないずらし干しがおすすめ。



部屋干しで早く洗濯物を乾かしたい時、
濡れた洗濯物に一体
何をするのがいいでしょうか?



正解
アイロンをかける

濡れた状態の洗濯物をアイロンで
ささっとかけるだけ。

全てを乾かすわけではありません。

これにより、水分が蒸発し、部屋干しでも
早く乾くのです。

また、アイロンの熱により、雑菌を減らし
部屋干し特有の嫌な臭いも防ぐことができる
とのことです。



関連記事

この日の世界一受けたい授業の記事
【世界一受けたい授業】武田双雲先生が伝授!字がうまくなる3つの極意

【世界一受けたい授業】脂肪のサビを落とす煎茶!茶ノベーゼのレシピ

世界一受けたい授業の記事一覧

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ