【ガッテン】部屋干し(生乾き)臭の対策法!酸素系漂白剤を使う

コインランドリー、洗濯機

2017年6月14日放送の「ガッテン」は
「梅雨を快適に! いや~な部屋干し臭 一発解消SP」

部屋干し臭解消の3つの方法を紹介!

スポンサードリンク

生乾き臭の原因

この季節洗濯物を部屋に干すと
臭ってくる生乾きのニオイ。

生乾き臭の原因を解明したのが
研究所の久保田浩美さん。

生乾きのニオイの主な原因は
モラクセラ菌です。

モラクセラ菌は皮膚の上、口の中、
椅子の上などいろんな所にいる菌です。

新品のタオル4cm×4cmの中にも菌は50個いました。
しかし、臭いません。

モラクセラ菌は増殖をし始めると臭いを出すとのこと。

どんな状態になるとモラクセラ菌が増えるのか。

長年臭いに悩んでいる山崎さんに
協力してもらいました。

山崎さんの家は一番風通しの良いリビングで
部屋干しをしています。

室内で干し始めて10時間後、洗濯物は
強い臭いを放っていました。

実はモラクセラ菌は適度な湿気が大好き。

洗濯物が湿っている時が
増殖の絶好のチャンスなんです。

だから乾くまでの時間が長ければ長いほど
菌はどんどん増えてニオイも強くなるのでです。

洗濯直後のタオルを切り分けて
ニオイがたっぷり発生してしまう部屋干しと
ほとんどニオイのしない天日干しで
細菌の数がどれほど違うのか調べさせてもらいました。

部屋干しと天日干しで細菌の数を比べると
洗濯前の細菌は6600万個。
洗濯直後は4150万個。
天日干しは5300万個。
部屋干しは6980万個。

洗濯直後でも結構残っています。



洗濯をするとニオイは一旦落ち
菌も落とします。
洗剤にはそういう力があります。

しかし、長年使っているタオルなどは
菌が沢山積み重なってバリア状態になり
中まで洗剤が届かない状態で
繊維と絡み合って洗っても落ちない。

普通の菌は落ちるのですが
バリア状態の菌は残ってしまい、
増殖を繰り返すのです。

そうするとニオイやすい状態に。



部屋干し臭(生乾き臭)を防ぐ方法

ヨーロッパの洗濯機は洗う水の温度を
95度まで上げることが出来ます。

60度の温水で洗うことにより
モラクセラ菌がリセットされます。

実験でさまざまな温度でモラクセラ菌を加熱したところ
60℃を超えるとモラクセラ菌がいなくなりました。

モラクセラ菌は60度で加熱すると増殖しないため、
ニオイを抑える事ができます。

中世ヨーロッパで伝染病がまん延したころから、
煮て洗うことは普通に行われてきたことなのだそうです。

これは生乾きのニオイ対策にもなっていました。

日本の洗濯機は熱いお湯での洗濯を想定していないため
50度以上では使えない洗濯機が多いのです。

そこで3つの方法があります。

スポンサードリンク

【60℃を超える温度で徹底除菌!】

①湿った状態の時にアイロンで加熱をする

脱水後の洗濯したばかりの洗濯物にアイロンをかける。
使用する温度は中~高温(160~200℃)がおすすめ。

蒸気が出ていれば熱が伝わっている証拠。
これをほぼ乾いた状態になるまで続ければOK。
フェイスタオルなら5分ほどで細菌をやっつける事ができます。



②コインランドリーの乾燥機で乾燥させる

コインランドリーの多くは80~120℃の高温で
乾燥させています。



【酸素系漂白剤の有効活用!】

洗濯物の温度を上げるのが、大変
という方におすすめの方法が、
酸素系漂白剤をお湯で使用する方法です。

40℃ほどのお湯で細菌をやっつけることができます。

【洗濯物が少量の場合→つけ置き除菌】
1.40℃のお湯を入れたバケツなどに、
酸素系漂白剤を投入して溶かす。

2.ニオイの気になる洗濯物を漬け込む。
15~20分ほど漬け込んだ後、普通に洗濯をする。


【洗濯物がたくさんの場合→洗濯しながら除菌】
1.洗濯機に洗剤をいれたあと、酸素系漂白剤を投入

2.規定量の40℃のお湯を注ぎ入れる

3.通常通り洗濯を行う

この方法を試した山崎さんは「全然臭わない」といっていました。


※紹介した3つの方法は、どれも月に1度行えば
菌の増殖をリセットできます。

モラクセラ菌がバリア化するのに
1ヶ月くらいの時間がかかるため。



漂白剤について

漂白剤は大きく分けて塩素系漂白剤と
酸素系漂白剤の2種類があります。

塩素系漂白剤は分解する力が強いので
白色や強い繊維にしか使えません。

酸素系漂白剤は液体と粉末に分かれます。
2種類ある酸素系漂白剤でも
除菌効果が高いのは粉末タイプ。

水に溶かした時の化学反応で
除菌力がアップするようになっているのです。

ただしこの粉末タイプはウールやシルクなど
の繊維には使用できません。

【注意点】
※漂白剤は50℃を超える熱いお湯で使わない。
生地が傷んでしまう場合があります。
※酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を混ぜない。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ