【スッキリ】長野県の長生きの秘訣!鎌田式減塩健康みそ汁のレシピ

おみそ汁

2017年6月15日放送の「スッキリ!!」の中の
「死亡率最低の”長寿県”長野から学ぶ!長生きの秘訣」

鎌田式減塩健康みそ汁のレシピも紹介!

スポンサードリンク

死亡率最低の”長寿県”長野

厚生労働省が年齢調整死亡率を発表しました。

年齢調整死亡率とは死亡状況を正確に比較するために
都道府県ごとに異なる年齢構成をそろえて
「死亡率」を算出したもの。

それによると、死亡率の高い第1位は男女ともは青森県。
前回の調査でも男女とも1位でした。

【青森県の死亡率が高い理由】
・塩分の多い食生活
・喫煙率が高い(全国2位)

いっぽう死亡率の最も低い地域は
男女ともに長野県でした。

5年ごとにこの調査をしていますが、
男性では6回連続、女性では2回連続で
最も低い数値となっています。

ちなみに長野県では1995年以降
平均寿命も男女とも日本一。

しかし、もともと長寿県だったわけではありません。
1965年、長野県は脳卒中による死亡率が
全国ワースト上位でした。

そこからどのようにして日本一の長寿県になったのか。

そのキーパーソンは
長野・諏訪中央病院名誉会長の鎌田實先生。

スポンサードリンク



長野県の長寿の秘訣

鎌田實先生に長野県の長寿の秘訣を解説してもらいます。

【秘訣その①高齢者の就業率が日本一であること】
全国平均は30.9%、長野県は36.3%
生きがいをもって生活しているということが大切。


【秘訣その②野菜の摂取量が日本一】
厚生労働省が目標とする1日あたりの摂取量の
350gを超えている。
それに伴い、がんの死亡率の低さも長野県が日本一。


【秘訣その③減塩運動が活発であること】
かつて長野県は脳卒中の死亡率が全国ワーストクラス!

食生活改善推進員を設置するなど県が対策にでる。

鎌田實先生の無理なく減塩ができる
「健康みそ汁」の作り方を紹介。

【蒸し野菜の具だくさんみそ汁のレシピ】

『材料』(3~4人分)
野菜→300~400g
※野菜はは何でもよい

だし→3カップ

みそ→大さじ1

『作り方』
1.切った野菜を鍋に入れる

2.①にだしを入れる

3.②をふたをして10分ほど
蒸し煮にする

※野菜のうま味が出るので塩気がなくても
美味しく食べられる。

4.野菜がしんなりしたらみそを入れて溶かす

※通常は味噌大さじ3入れるところを
大さじ1にできる。

1杯分の塩分量は通常のみそ汁で1.5gほどですが
今回のみそ汁では0.7g。

鎌田先生は
中高年の人は減塩を意識している人も多いが
若い世代はまだまなので、意識を広めていきたい
といっていました。

毎日の生活習慣をほんの少し変えるだけで
どの県の人も長生きできるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ