【サタデープラス】笠原将弘の梅酒で豚のしょうが焼き&豚汁のレシピ

豚のしょうが焼きのレシピ

2017年6月17日放送の「サタデープラス」の「くらしプラス」は
いつもの料理が劇的に変化する「プロ直伝!コレだけレシピ」

「賛否両論」の笠原将弘さんが、
一般家庭の冷蔵庫に入っている調味料を使って、
普段のおかずを劇的に美味しく変身させる技を紹介。

ここでは梅酒を使った豚のしょうが焼き&
カンタン豚汁のレシピの紹介!

スポンサードリンク

豚のしょうが焼きのレシピ

豚のしょうが焼きのレシピ

さけ、みりんのかわりに梅酒を使うことで
劇的においしくなります。

【豚のしょうが焼き定食のレシピ】

『材料』(2人前)
豚ロース肉→ 3~4枚

サラダ油→適量

玉ねぎ(薄切り)→1/4個

(タレ)
梅酒→ 50ml

濃口醤油→ 大さじ1/2

おろし生姜(チューブ)→ 8g

(付け合わせ)
キャベツ
トマト


スポンサードリンク



『作り方』
1.梅酒、濃口醤油、おろし生姜を合わせて
タレをつくる。

2.①に豚肉をつけこむ

梅酒のメリット
※梅酒は砂糖の代わりになる
※梅の酸が肉をやわらかくし、
糖分が肉の組織と水分を結びつけやわらかく

つけこむ時間は玉ねぎを炒める間まででo.k

3.フライパンにサラダ油を加えて熱し、
千切りした玉ねぎを炒める

4.玉ねぎが少し透明になったら
フライパンの端に寄せて一度火を止める。

5.漬け込んだ豚肉のタレを落として入れ
再び火をつけ、肉に焼き目をつける。
 
※タレごと入れると水分が多すぎて焼き目がつかない
肉にしっかり焼き色をつけるのがポイント
 

6.火が通り過ぎないように
⑤の肉をいったん取り出し、
タレを加え玉ねぎを炒める。
※梅酒に含まれる糖分でたれにとろみがでる

7.肉を戻してよく絡める

8.器にキャベツ、トマトを盛って、
生姜焼きを盛り付けてできあがり!

※笠原さんはお店でも梅酒を使っていてサバの味噌煮や、
イワシの梅煮、豚の角煮などで使っているとのことです。。



カンタン豚汁のレシピ

余った豚肉でもう1品!

トマトは昆布と同じグルタミン酸が含まれ、
豚肉のうま味イノシン酸と合わせると
うま味の相乗効果がおこります。

しかもダシを取る手間も省けます。

【カンタン豚汁のレシピ】

『材料』(2人前)
豚ロース肉→ 2枚
トマトジュース→ 1/2カップ
水→ 1カップ
味噌→ 大さじ1.5
青ネギ→  適量

『作り方』
1.豚肉は1cm幅に切る

2.水とトマトジュースを火にかけ、
80度くらいになったら豚肉加える

※グラグラわかさない
肉は80度で火が入るので
沸騰させるとパサつく4。
 
3.味噌を溶く
※トマトジュースに塩が入っている場合は
少なめにします

4.器に盛り、刻んだ青ネギを添えてできあがり!



関連記事

この日のレシピ↓
【サタデープラス】須賀洋介の焼肉のタレでコレだけカレー&カレーパンのシピ!

【サタデープラス】笠原将弘のアスパラと新ジャガの和風タルタルソース和えのレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ