【めざましテレビ/ココ調】眠気ざましテクニックを検証!ミントの香りや冷却シート

枕、睡眠

2017年6月21日放送の「めざましテレビ」の「ココ調」は
「本当に効果があるのはどれ?
眠気ざましテクニックを徹底調査! 」

スポンサードリンク

眠気の対処方法

きょうも勉強頑張るぞ!と思っても
夜ふけと共に襲ってくるのが睡魔。

普段、眠気にどう対処しているか
街で100人に聞いたところ75%が、
眠い時はカフェインを摂ると答えました。

ところが先週、気になる調査結果が。

日本中毒学会によると、2011年からの5年間に、
少なくとも101人がカフェイン中毒で搬送され、
うち3人が亡くなっているというのです。

そこで今日は、街のいろんな
眠気ざましテクニックを徹底調査!

早速、街でカフェイン以外の眠気対策を聞きました

「目薬さします」
「足をつねっていますね。」

「ストレッチとかずっとしています」

「全力で、好きな歌を歌う。」

「10秒ぐらい息を止めると、
すごく目が覚めます。」

一方、「痛み」を利用する人も。
「イヤリングで、耳を挟んでます。」

「毛を抜く」
などなと。



眠気対策グッズ

【ノーズミント】

ミントの香りがするアイテム。
刺激的な匂いで眠気を覚まします。



【イネムラン】

上半身が前に倒れるとアラームが鳴る
居眠り防止グッズ。



【ショックマーカー】

一見、ごく普通のマーカーに見えますが
ビリビリと電気が流れ、眠気を覚ます
というアイディアグッズ。

今回、調査しただけでも58種類の眠気ざましテクニックや
グッズが見つかることができました。

また、種類別に見ると主に、
・ストレッチなどの運動タイプ。
・冷却シートなどを使うグッズタイプ。
・ガムなどを食べる飲食タイプ
に分かれました。


スポンサードリンク



眠気対策の効果のジャッジ

では、街で聞いた様々な眠気ざまし。
本当に効果があるのか、
睡眠コンサルタントの友野なおさんに
効果があるのはどれなのか、
ジャッジしてもらいます。

・「冷却シートを貼ります」

ジャッジ→〇
「おでこを冷やすのは覚醒作用があるので
いいと思います」

暖かさが眠気を誘うのに対し、
冷たい刺激は、目が覚め易くなると言います。
特に、首筋などを冷やすのが効果的とのこと。



・「全力で好きな歌を歌う」

ジャッジ→〇
「その行為自体リズミカルな運動になる
声を発するというのは覚醒作用があるので
もしできる環境があればいいと思います」


・「イヤリングをきつくする」「指毛を抜く」など、
街でも多かった、痛みによる眠気ざまし。

ジャッジ→△
「一過性のものですね、
根本手的な解決にはならない」

繰り返し行うと痛みに慣れ、
効果が薄れてしまう可能性があるそうです。



眠気対策の効果検証

特に効果が期待できそうな3つの方法で、
実際にどれくらいの時間眠気が覚めたのかを
検証しました。

普段、日付が変わる前に寝るという4人。

皆さんには、街で聞いた眠気ざましの内、
専門家監修の元、特に効果が期待できそうな
3つを体験してもらいます。

4人には、心拍数や眠気レベルを分析できる器具を
付けてもらい、体に起こる変化をウォッチング。

赤い線が、真ん中の眠気ラインを上回れば
眠気があることを示し、
下回ると目が覚めている状態。

検証では、目が覚めている時間を比較します。

【ストレッチ 】
開始から40分後、一人の男性が眠気ラインを越え、
かなり眠い状態になってきました。

そこで、この男性に
周りに影響を与えないよう、そっと、
眠気ざましの方法を伝え、
1分間、ストレッチをしてもらうと
赤い線が眠気ラインを下回りました。

しかしストレッチを終え、12分後には、
再び眠い状態に!

一瞬覚めたけどすぐ戻りました。

他の3人も同様にストレッチを行った結果、
再び眠い状態になるまでの平均時間は、
およそ12分でした。


【ミントの香りを嗅ぐ】
眠くなったタイミングで、
左右の鼻の穴から30秒ずつ強いミントの香りを
嗅いでもらいます。

ストレッチで12分間、眠気が覚めた男性の場合、
ミントでは14分間、目が覚めた状態でした。

4人の平均時間をみると、再び眠い状態になるまでは、
ストレッチ同様、およそ12分でした。



【冷却シートと冷たいおしぼりで体を冷やす】
冷却シートをおでこと首の裏に貼り、
冷たいおしぼりで体を拭いたところ

ある男性の場合、赤い線が眠気ラインを下回り、
その状態がおよそ25分間持続しました。

4人とも試したところ、目が覚めていた時間は
平均およそ17分。
今回の検証では、最も眠気ざまし効果がある
ことがわかりました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ