【サタデープラス】美髪のドライヤーの使い方!イワシのナッツ揚げのレシピも

にきびの女性

2017年6月24日放送の「サタデープラス」で
「劇的ドライヤー(秘)活用術!
見た目も若返る美髪の三大新常識」

スポンサードリンク

美髪の新常識

髪は年齢の印象を大きくかえます。

健康的な頭皮は
マイクロスコープで頭皮を確認すると
青白く、毛穴に老廃物がない。

街頭で頭皮を確認した15人の女性のうち、
10人に枝毛や髪のパサツキ、頭皮の赤みなど
何らかのトラブルが見つかりました。

ヘルスクリニック医院長の浜中聡子さんによると
夏は紫外線が強く、頭皮がヤケドを起こし
頭皮トラブルの原因に。
夏バテも髪トラブルになる原因とのこと。



頭皮セルフチェック法

【①頭皮の硬さ】
親指と人差し指で頭頂部の渦の近くを
左右に大きくつまみます。

この時に頭皮が動かなかったり、
固くなっている方は血行が悪くなっている
可能性があります。

【②頭皮の色】
頭皮が最も健康な状態の時は、
青白い色味をしています。

赤や茶色の頭皮は、
炎症や血流悪化の恐れもあるとのこと。

【③髪の毛の傷み具合】
乾いて整髪料などをつけていない状態の髪で、
髪を人差し指に巻き、
巻き終わったらその髪を離すだけ。

健康な状態の髪であれば、真っ直ぐに戻りますが、
傷んだ髪だとコシがないため、
元に戻る力が低下している可能性があると言えます。



ビフォーシャンプー法

シャンプー前にあることをすれば、
美髪になるとのこと。

①シャンプーの前にストレッチ

ストレッチをすることで、全身の血行が良くなれば、
代謝がアップし、頭皮の汚れが浮き上がりやすくなり、
そうなれば洗浄効果も高まると考えられます。

【ストレッチ方法】
1.つま先立ちになって、大きく背伸びする。
首を伸ばし、頭も上に向ける。

2.続いて、肩を回す。
※この時に肩甲骨をしっかりと寄せるように
動かすのがポイント。



②シャンプー前のブラッシング

頭皮にしっかりとあてて
ブラッシングすることで、
頭皮の汚れを落とし、
さらに血行促進にもつながります。

【ブラッシング方法】

ブラシは頭皮を傷めないように、
先端が球状になったものを用意します。

1.耳の上をブラッシング

耳の周辺には側頭筋という筋肉があり
ここを刺激して動かすことで
筋肉のない頭頂部まで血をめぐらすことができます

2.首筋を下から上へ、
頭頂部へ向けてかきあげます。

3.最後に前髪を後ろへ流すようにブラッシング

※また、ブラシは雑菌がついているので
月に2回は中性洗剤などでブラシで
目の奥まで洗ってほしいそうです。


スポンサードリンク



家庭のドライヤーでもプロの仕上がりの超簡単テクニック

自然乾燥だと雑菌がたまりやすく
頭皮の臭いの原因になるそうです。

シャンプー後24時間で女性の頭皮は、アメリカザリガニを超え、
さんま同等の臭いを発するという研究結果もあるとのこと。

乾かすときは必ずドライヤーを使った方がよいそうです。

日本を代表する髪モデルのヘアモデルの淵江真由美さんは
紫外線対策の日傘は欠かせない。

1年中どんな天気でも日傘をさして、
徹底的に紫外線からガードしています。

食事はミネラルたっぷりの海藻、
ストイックな美髪生活を送っています。

必需品は椿油で、ハンドクリームとして塗った後
余ったオイルを毛先に塗るそうです。

乾燥を防ぐ事が大切で、
椿油は不乾性油といって酸化しにくく液体の状態を
保ってくれます。

そして最も大事なヘアケア術がドライヤー。
低音の温風のでるドライヤーを使っています。

髪の水分が保たれキューティクルも保たれるそうです。

髪のキューティクルは、熱に弱く、
80度以上の温風を長時間あて続けると、
髪のヤケドを起こす原因になるそうです。

一般的なドライヤーの温風は100度前後ですが、
低温ドライヤーの温風は60度ほど。

値段は高めになります。



淵江真由美さんのドライヤではないですが
低温風ドライヤー↓

しかし、普通のドライヤーでプロの仕上がりになる
方法を教えてくれました。

温風と冷風を交互に使い分けながら乾かすのがコツ。

目安としては、
10秒ごとに温風と冷風を切り替えます。

さらに、風を当てる向きも重要。

キューティクルの方向に沿って、
上から下に風を当てます。



美髪にはイワシ

美しい髪を生み出すには内側からのケアも必要です。

千葉県の銚子漁港に向かいます。

銚子の漁師に薄毛はいないと噂されているとか。
“かみのけくろはえ”という駅までありました。

漁師さんに聞くとイワシをよく食べるのだといいます。
イワシの水揚げ量日本一のイワシの街。

髪の99%はたんぱく質で出来ているので
イワシに含まれる亜鉛は
髪の毛の成長ホルモンの分泌と髪に必要な
たんぱく質の代謝を助ける働きがあるそうです。

また、イワシに含まれる「メチオニン」という成分が
血行促進の効果にも期待ができるとのこと。

【イワシのナッツ揚げのレシピ】

イワシのナッツ揚げ

浜中ドクター監修の美髪メニュー

『材料』(4人前)
イワシ → 6尾
アーモンド → 15g
ピーナッツ →15g
クルミ →15g
パン粉 →15g
小麦粉 → 適量
卵 →1個
レモン →1/2個
パセリ → 適量

『作り方』
1.ビニール袋にアーモンド、ピーナッツ、
クルミを入れ麺棒でたたく。
好みの大きさになったら、
パン粉を加えて、よく混ぜる。

2.イワシは3枚おろしにし、小麦粉、溶いた卵、①の順につけ、
180℃の油で揚げる。

3.2を器に盛り、くし形に切ったレモンと
パセリを添えてできあがり!

※ナッツ類は良質なたんぱく質がとれて
ビタミン類も豊富。
酢やかな髪を目指すのにうってつけの食材。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ