【ゲンキの時間】食物繊維が豊富で免疫力アップのらっきょうのレシピ!

らっきょう

2017年6月25日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
「夏を乗り切る健康パワーは主役級 食卓の名脇役 “薬味” 」

ここではらっきょうの健康効果やレシピを紹介!

スポンサードリンク

生きた宝石「らっきょう」

やって来たのは鳥取県福部町
この町の小学校の給食でもしばしば食べられているそうで
カレーではなくパンが主食にもかかわらず
らっきょうが添えられていました。

らっきょうは夏と冬の寒暖差が大きい土地ほど育つため
鳥取は産地としてベスト!

その透き通るような白さから生きた宝石とも
呼ばれるようになったのです。

今が旬の夏野菜らっきょう。
らっきょうに含まれるアリシンという成分は、
食べると血液をサラサラにし、
脳梗塞や心筋梗塞の予防になるほか、
抗がん作用も期待できます。

また免疫力も高めてくれるため
夏風邪対策にもぴったり。

また、食物繊維の宝庫。
食物繊維が多い野菜の代表格ゴボウと比べ
約4倍にもなるのです。

しかもらっきょうに含まれるそれの多くは
フルクタンという水溶性の食物繊維。

水に溶けてゼリーのようになり
分解された食べ物を包み込み
血糖値などの上昇を抑えてくれます。

本来身体にとっては不溶性と水溶性の食物繊維を
それぞれ2対1のバランスでとるのがよく
便秘解消やデトックス効果につながります

しかし日本人は水溶性食物繊維が不足しがち
ですがらっきょうを食べれば足りない部分を
手軽に補うことができるのです

らっきょうの定番と言えば甘酢漬け。

しかしその効果を最大限引き出すには、
できれば生のらっきょうに近い形で
食べるのがおススメ。

甘酢漬けにすると発酵の際、
フルクタンが乳酸菌に食べられてしまったり
健康成分が汁に溶け出てしまったりします。

カレーとらっきょうの甘酢漬けは
健康面でも良い組み合わせですが、
その効能を活かすには、らっきょうだけでなく
漬け汁ごとかけて食べるとよいとのこと。


スポンサードリンク



らっきょうのレシピ

他にもらっきょうをおいしく食べるメニューを、
らっきょうの出荷量全国1位の
鳥取県福部町の皆さんに
教えていただきました。

漬け汁ごとかけ溶け出た成分も
一緒にとるのが福部町の流儀。

【焼きらっきょうのレシピ】

夏はタッパーに入れて
冷蔵庫に入れて冷やして食べると美味しいとのこと。
 
『材料』
生らっきょう
みりん
砂糖
醤油
 
『作り方』
1.フライパンで油をひかずに、生のらっきょうを
軽く焦げ目がつくくらいまで焼く
 
2.みりん、砂糖、しょうゆなどで特製だれを作る。

3.①を②に漬ければできあがり!
 


【らっきょうカツのレシピ】

『材料』
豚肉
らっきょう
豆板醤
揚げ油

(衣 推測)
小麦粉
溶き卵
パン粉

 
『作り方』
1.豚肉に豆板醤を塗りらっきょうを巻いて
爪楊枝で留める。
 
2.衣をつくり①をつける。

3.揚げ油で揚げればできあがり!
 
らっきょうのアリシンが豚肉のビタミンB1の吸収を高め、
疲労回復につながります。



【らっきょうの佃煮のレシピ】

『材料』
らっきょうの皮

ごま油
ほか
(ごま油意義の材料は不明)

『作り方』
1.らっきょうの皮をごま油などで
煮詰める。
ご飯がすすむ一品です。



【らっきょうドレッシングのレシピ】

生のらっきょうを最大限に活かせます。

 
『材料』
らっきょう
からし
らっきょうの漬け汁
オリーブオイル
など
 
『作り方』
1.らっきょう、からし、らっきょうの漬け汁、
オリーブオイルをミキサーに入れる。
 
2.ミキサーで撹拌してできあがり!
 

サラダなどにかけていただきます。


らっきょうの食べのめやす方

らっきょうは1日小粒で10個程度、
大粒で3個程度が目安。

食べ過ぎると胃が荒れてしまいますので
注意します。

またらっきょうの臭いが気になる方は、
食べた後にりんごなどポリフェノールの多い果物を摂ると
臭みを抑えてくれます。


薬味についてはこちら↓
【ゲンキの時間】夏を乗り切る薬味のみょうが、シソ、山椒、わさび

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ