【相葉マナブ 】アイデアグッズ!あくとりブラシ、ブドウの皮むき、紙パック用注ぎ口ほか

便利グッズ

2017年6月25日放送の「相葉マナブ 」は
『マナブ ナイスアイデアJAPAN』
日常の不便を解消!便利グッズ!

あくとりブラシ、ブドウの皮むき、
紙パック用注ぎ口などを紹介!

スポンサードリンク

日常の不便を解消!便利グッズ

【ラクラク注げる紙パック用注ぎ口】
(株式会社ストリックデザイン)

大きさはおよそ5センチほど。

これは日常生活で感じるある不便を
解消するために作られた便利グッズ。


 

紙パックに突き刺して
ラクに飲み物を注げる商品 

とがった先端を紙パックに付き刺し、
回して装着すればできあがり。

ネイルしている女性や力がない子どもや
年配の方に便利なグッズです。
 
 

 【ぶどうの皮むき】
(下村工業株式会社)
 
ブドウの皮をむくもの。
 

このグッズを開発したのは、
刃物のまちとして知られる新潟県三条市で
創業140年以上になる老舗の刃物メーカー。

包丁はもちろん、キッチンで使える便利グッズを
開発しています。

まず茎がついていた穴から
皮と果肉の間にワイヤーを差し込みます。

ワイヤーが差し込まれたら果肉と皮を
はがすようにブドウを回して1周させるだけ。

今年の5月に発売したばかり。

ワイヤーの部分だったりハンドルの形状を
何回も試行錯誤を重ねて
最終的にこのような形状で商品化になったそうです。
 
 

 【チューブ絞り】
(ダイソー)

 
歯磨き粉のチューブを最後まで使い切る道具。

紹介されたのとは違いますが↓

スポンサードリンク

子どもやお年寄りでも、
力を使わずに最後まで絞れ、
ハミガキ粉に限らずチューブ式のわさびや
化粧品にも使用出来る事から
人気のアイデアグッズ。

吸盤付きなので
壁にくっつけることもできて便利。
 
 
 

 【あくとりブラシ】
(株式会社マーナ)
 

 
作ったのは創業145年の老舗の家庭用品メーカー。
明治から続くハケ作りの技術を応用して作ったアイデア商品。

ブラシで表面をなぞるようになでるだけで
アクだけが取れます。

マーナさんは馬の毛の特徴をよく知っていました。
馬の毛は表面がデコボコしている事によって
そこに汚れを絡め取る事が出来るので。
料理に使う時のアクも絡め取れるのではと
開発したそうです。

 

 
 【とうもろこしカッター】
(下村工業株式会社)
 
特にこの時期にあると便利。

トウモロコシの実を簡単に取るグッズです。

とうもろこしの先端に筒状の刃をあてて、
回すように下げると簡単に実が取れます。
2007年に販売してから
年間5万個売り上げる大ヒットグッズ。

この商品を開発したのはブドウの皮むきと同じ
新潟県三条市の老舗刃物メーカー。

生でもゆでたものでも
どちらでも簡単に実が取れるので
料理の幅が広がると人気。

 

 【くるくる海苔パンチ】
(ダイソー)
 
海苔に穴を開けるグッズです。

紹介された商品とは違いますが↓

コンビニおにぎりの海苔には
マシンで穴があけられています。

それによって噛み切りやすく
食感が良くなるように工夫されています。

お年寄りや子どもは海苔を噛み切りにくく
のどに詰まらせる事があるという
雑誌の記事がきっかけで開発に至ったのだそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ