【林先生の初耳学】一流のリーダーを養成する海陽学園の3つの秘密

先生

2017年6月25日放送の「林先生が驚く初耳学」で
「海陽学園」がとりあげられました。


一流のリーダーを養成するために海陽学園で
工夫している秘密を紹介!

スポンサードリンク

海陽学園とは

日本の将来を背負って立つ
一流のリーダーを養成する中学校、
愛知県蒲郡市にある海陽学園。

海陽学園は、全国の一流企業82社が出資し、設立した学校。

トヨタ自動車、東海旅客鉄道、中部電力、伊藤園
大林組、キャノン、キリン、清水建設、大成建設
デンソー、東京海上日動火災、パナソニック、日立製作所など。

校長であり東京大学名誉教授の中島尚正氏によると
「産業界のトップリーダー達が日本の将来を考えて、
次の世代を担うリーダーを育てたい。」と設立。

人工知能の発達で、20年後には
47%の雇用がなくなるといわれていて
そんな厳しい時代にも、
社会の先頭に立つ真のリーダーを養成すること。

そして、最初の卒業生は1割が東大に合格するという
快挙を成し遂げました。

そんな海陽学園には、
リーダーを育てる3つの秘密があるといいます。



リーダーを育てる3つの秘密

【①リーダーシップ】
リーダーシップを発揮させる機会が多い。

普通の学校は年間行事は、文化祭、体育祭、社会科見学、
修学旅行の4~5回程度。

しかし、海陽学園は、ハウス外出、マラソン大会、英単語コンテスト、
伊勢研修、七夕飾り漬け、富士登山、餅つき大会など15回以上。

あえて行事の数を増やし、
誰にでも何回でも生徒のリーダー経験が
できるようにしています


【②全寮制度】
海陽学園は全寮制の中高一貫校。
4階建ての寮が12棟あり、
全生徒が6年間生活を共にします。

スポンサードリンク

中学生のうちから一流のリーダーになる
タイムスケジュールをたたきこむそうで、
1日2時間しか自由時間がないそうです。

しかもお風呂と食事も含めての2時間。

一流の社会人は限られた自由時間の中で
食事をすませます。

少ない自由時間を有効活用する
習慣を身につけるため。

ちなみに、朝から8時間の授業が終わると、
自由時間は午後6時から8時。
それが終わると8時~10時は夜間学習で、
10時30分に消灯。

そして学生寮の中は、学年がバラバラ。
社会人は上司や部下とのコミュニケーションが不可欠。

コミュニケーション能力アップをさせるために、
あえて中学生と高校生が同じ寮内で
生活を共にしています。


【③授業】
生活面だけでなく授業も一流のリーダー養成のための
授業をしています。
特に英語には力を入れていて英語の授業数は
普通の公立中学の2倍。

グローバル社会を見据え英語で主張できる力を養う
ディベート形式の授業が多いのです。



部屋はあえて狭い

海陽学園の寮にはある工夫がされています、

寮の部屋は机とベッドを除けば
2畳ほどしかなくととても狭くなっています。

一般的な寮の部屋は6畳が平均だといわれています。

これはあえて、部屋を狭くすることで
居心地を悪くし、引きこもりを防いでいるのです。

部屋を狭くすることで寝る以外は
共有スペースに出るようになり
コミュニケーション能力アップに
つながっているのです。

これは教育界のみならず建築士の間でも常識。

例えば個人住宅でも同じで、
子供部屋が広いと居心地がよくなり部屋にこもりがちに。
そうすると家族とコミュニケーション不足になる場合も



一流企業の社会人が一緒に生活

さらに海陽学園には賛同企業の若手社員が
1年間同じ寮に住み込みで生活しています。

普段から一流企業の社会人と接することで
コミュニケーション能力に磨きをかけているそうです。



海陽学園のHP
海陽学園

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ