【林修の今でしょ!講座】みやぞんの脳は天才!?最新科学で徹底解剖

バンド、ロック、音楽

2017年6月27日放送の「林修の今でしょ!講座」の
「みやぞんは天才なのか!?
脳を覗いてみたらスゴかった講座」。

みやぞんの脳を最新科学で徹底解剖します。

スポンサードリンク

みやぞんの脳を最新科学で徹底解剖

藤井聡太四段と共に?天才と話題を集める人物がいます。
それがみやぞん。
彼は本当に天才なのか?

みやぞんの脳を最新科学で徹底解剖。
解析するのは専門家の加藤俊徳先生、近藤真由先生、
沖野成紀先生の3人。

音楽能力、身体能力を脳科学の分野から分析します。



音楽能力

20歳から独学でピアノを始めた
みやぞんの絶対音感を調査。

楽譜は読めないそうですが
一度聴いた曲を
ピアノで弾けるといいます。

絶対音感とは
曲や物音などどんな音でも
ドレミで判別できる能力

モーツァルトやバッハなど
偉大な音楽家たちは共通して
絶対音感を持っていたと
いわれています。

光トポグラフィーでみやぞんの脳を調べます。

CDプレイヤーから流れた曲を
ピアノで再現してもらいます。

第1問:秦基博のひまわりの約束

みやぞんは見事に曲を再現しました。

第2問:クライズラー&カンパニーのNEW WORLD。
今でしょ講座のイメージソング。
ドヴォルザークの新世界よりをアレンジした曲。

難易度アップで最初少しつまづいたのですが再現に成功。

脳のデータを分析すると
専門家も驚いた驚異の音楽能力が。

一般人は右脳が赤く反応するところ、
みやぞんは左脳が反応。

これは音楽を音ではなく言語のようなものとして
捉えているのではないかとのこと。
これはプロの音楽家と同じ。

さらにみやぞんは曲の音の高さを変えて
演奏していました。

みやぞんに理由を聞くと
ピアノの黒鍵盤の部分をあまり理解しておらず
黒鍵をあまり使いたくないため
少し高い音で弾いていたそうです。

結果はかなり高いレベルの相対音感を
持っていると判断されました。

相対音感とは
基準となる音からほかの音が
どれぐらい高いか低いかわかる能力のこと



聴覚テスト

3人が別の曲を同時に歌いその曲を当てるというテスト。

うさぎとかめ
あおげば尊し
ふるさと
と、3人の曲を当てました。

この検証でカクテルパーティー効果が
優れていることがわかりました。

カクテルパーティー効果とは
多くの人が雑談している中でも
特定の音を聞き分けられる能力のこと

さらに詳しくみやぞんの脳を検査すると
ヘッシェル回が一般の人より大きいことが
わかったのです。

ヘッシェル回とは
耳から入ってきた音を正確に処理して
聞き分ける部位のこと

この能力はオーケストラなど指揮者の多くが
もっているものだそうです。

みやぞんは訓練を受けた音楽家と
同じ脳を持っているとのことです。



スタジオで泰羅雅登先生が
みやぞんの脳画像を徹底検証。

みやぞんの脳は素晴らしい能力を持っているとのこと。

聴覚野が一般より大きく、
他の部分とのネットワークが優れているそうです。

羅雅登先生によると何歳でも脳は興味を持つことで
成長するそうです。

訓練を繰り返すのが唯一の方法とのことです。



スポンサードリンク



運動の応力

みやぞんの運動能力を脳科学で徹底検証!

みやぞんは野球部だった高校時代に
大学からスカウトがきた逸材。

その身体能力を脳科学で分析。

まず、空間認知能力テスト。

空間認知能力とは
物体の位置、方向、形状、勧角など
空間での状態を正確に把握する能力のこと

この能力が高いと道に迷わない
事故を起こしにくい
などといわれています。

【後ろ向き8の字歩きテスト】
視線は前を向いたまま、つま先とかかとを合わせながら
後ろ向きに歩きながら大きな八の字を描くというもの。

一般人にやってもらうと
バランスの悪い8の字ばかりでした。

みやぞんはきれいな8の字を描いたのでした。

【反射能力テスト】
今回は棒反応測定を行います。

上から落ちてくる棒を素早くつかむというもの。

棒反応測定は
棒を素早くつかむことができればできるほど
反射能力をつかさどる脳が優秀。

一般の男性たちにやってもらったところ
棒反応は平均22cm。

みやぞんの棒反応は12cm。

これを反射時間に換算すると約0.157秒。
ちなみにボルトの反射時間は約0.155秒。

つまり数字の上では反射時間は
ボルトとほぼ同じという結果に!

反射能力テスト最後の実験は
卓球のスマッシュを避けるというもの。

卓球選手が相手に向かって10球の
スマッシュを打ち込み、
それをどれだけ避けられるかというテスト。

一般の男性だと最もよけられた人で10球中2球。

みやぞんは10球中9球避けることに成功。


MRIで脳を分析すると驚くべき結果が。

脳のある部分が一般の人と比べて倍
ぐらい大きかったのです。

ここは視覚から入った空間情報を処理し
体の動きを決定する場所。
空間認知能力が高いのはこのためだったのでした。

また、反射能力が高いのは前頭葉の一部分が
一般人と比べ倍近く大きかったのです。

みやぞんの反射能力と空間認知能力は
1流アスリート並みの脳を持っているとのこと。

なので、1つのスポーツに集中すれば、
その競技の天才になれる可能性があるとのことです。


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ