【あさイチ】肌の黄ぐすみの予防法!日焼け止めクリームの正しい塗り方

メイク術

2017年6月28日放送の「あさイチ」の
「女のニュース」は「ご用心!肌の“黄ぐすみ”」

黄ぐすみを防ぐ方法などを紹介!

スポンサードリンク

黄ぐすみとは?

まもなく7月。
紫外線が最も強くなってくる季節です。

日焼けで肌が黒くなったり、しみができたりが
気になると思いますが、もう1つ肌に起こる怖い現象
黄ぐすみがあります。

近年、さまざまな研究から紫外線によって
肌が黄色く変色する黄ぐすみという現象が起きることが
分かってきました。

そこで、美容業界では今、
黄ぐすみの対策に大きな注目が集まっているのです。

黄ぐすんだ肌は、実際よりも老けて見られがち。

しかもこの黄ぐすみは
実は日焼けよりもやっかいなのだそうです。

黄ぐすみのしくみ

紫外線による肌の変化に詳しい
平尾哲二さん教えていただきます。

普通の日焼けは、紫外線が表皮に当たると
メラニンが作られ皮膚が黒くなります。

しかし表皮は生まれ変わりが早いので
4週間から6週間ほどで剥がれ落ち
元の肌の色に戻ります。

一方、黄ぐすみは紫外線が
表皮の奥の真皮にも到達して起こる現象です。

紫外線の影響で真皮のたんぱく質の繊維が
黄色く変色してしまうんです。

しかし、表皮と違って真皮の生まれ変わりは
10年単位とも言われるほどとてもゆっくり。

その間に紫外線を浴びれば浴びるほど
肌の黄色みが増すという長期にわたり蓄積する
日焼けなのです。



黄ぐすみチェック法

二の腕の内側の色とすっぴんの状態の
顔の色を鏡で見て比べてみます。

腕の内側は中々日焼けしない部分なので、
ほぼ本来の肌の色となっています。
 

スポンサードリンク



黄ぐすみを防ぐ日焼け止めの選び方・使い方

解説は肌のお悩みに詳しい皮膚科医の
吉木伸子さんです。
 
ぐすみを防ぐために
必要なアイテムが日焼け止めです。

しかし、黄ぐすみを防ぐための
正しい使い方、選び方があります。

紫外線にはUVAという長い波とUVBという短い波が
あるのですが黄ぐすみの主な原因となるのはUVAです。

UVAは真皮にまで届いてしまうおです。

しかも、UVAは雲や窓ガラスを通り抜けやすい性質を
持っているため曇りの日でも、室内にいても油断大敵。

そんなUVAを防ぐためにはまず、
パッケージのある部分に注目してください。

【”PA”という表示を見る】
“PA”という表示。
PAとは、UVAをプロテクト(防ぐ)
という意味です。

プラスの表示が多いものほど防ぐ効果は
高い(最大で4+)のですが、
単純に多いほどいいというわけでもありません。

強いものはレジャーの時に使うことが想定されていて、
成分的に濃いものが使われているので
場合によってはかぶれてしまうということもあり得ます。
 
なので日常生活の中では、2+、3+で十分とのことです。
 

【1回に使う量】
続いて重要なのは1回に使う量。

使う量によって効果が変わってきてしまいます。
たっぷり500玉程度が目安です。



 
【塗り方】
手のひらで顔を拭くように塗ると、
頬骨など高くなっている部分についた
日焼け止めがとれてしまいがち。

【正しい塗り方】

1.出したクリームを指につけ、手の平を丸くして
肌を包むようにポンポンと顔全体にやさしくのせていきます。
 
2. 目の下や小鼻など、塗り残しやすいくぼんだ部分は
きつね指(中指と薬指)でやさしく塗って仕上げます。
 
3. 塗り終わったら、できれば15分待ちます。

日焼け止めの成分が角層にある程度浸透して
安定するまで待ちます。

安定する前に外に出てしまうと、
汗で流れてしまうなど
きちんとした効果がでなくなってしまいます。
 
 

黄ぐすみをカバーする方法

 
黄ぐすみになってしまい
気になる方のカバーする方法。

【パープル系の下地が一番簡単!】
黄ぐすみの肌にはパープル系の下地を合わせると
黄色みを抑えることができます。


 

【血色感が出るファンデーションなどを使う】

パッケージなどに書いてあるものもあるそうです。
 

 


メイクのときの順番は
まず基礎化粧品となる乳液や化粧水を塗って
しばらくしてなじんだら日焼け止め
そして下地クリームそして
ファンデーション
とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ