【あさチャン】ファイトケミカルスープ&シンガポールチキンライスのレシピ!

野菜の皮や芯

2017年6月29日放送の「あさチャン」で「あさトク」は
「身体にいいことだらけ!?ファイトケミカルとは?」

ここでは河埜玲子先生特製の 
ファイトケミカルスープとシンガポールチキンライス
のレシピを紹介!

スポンサードリンク

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルは普段捨ててしまいがちな
野菜や果物の皮やタネの部分に
多く含まれています。

ファイトケミカルは、
抗酸化作用や免疫力アップにつながるなど
体に良い様々な効果が期待されています。
 

そんなファイトケミカルの調理法を紹介!

ここでは医師&料理研究家の
河埜玲子先生のレシピを紹介! 




野菜くずのファイトケミカルスープの作り方

【野菜くずのファイトケミカルスープのレシピ】

『材料』
野菜くず(両手いっぱいくらい)

※カボチャの種やワタ・パプリカの芯・ニンジンや
大根の皮など何でも。

水→1リットル

酒→大さじ1

『作り方』
1.野菜くずを鍋に入れ、
水とお酒を加え煮込む。

2.20分ほど煮込み、ざるなどで野菜くずを
取り除いたらできあがり!

冷凍すると2週間ほど日持ちします。

野菜のくずが出たら保存袋に入れ、
冷蔵庫にためておくとよいそうです。

使い方

だし代わりに使えます。

例えば味噌汁に使うと、
だしを使わなくても美味しい
栄養満点の味噌汁ができます。

また煮物にも使えます。
さっと洗った切り干し大根に
スープと醤油とみりんを加えて煮ます。

スープに甘みがあるので、
砂糖なしでもおいしい煮物ができるそうです。



スポンサードリンク



シンガポールチキンライスの作り方

 

【シンガポールチキンライスのレシピ】

『材料』
野菜くずのファイトケミカルスープ→360cc

米→2合

鶏もも肉→300g

塩→小さじ1/2

にんにく(すりおろし)→小さじ1/2

しょうが(すりおろし)→小さじ1/2

小口ねぎ→適量
 
(特製タレ)
オイスターソース→大さじ2

しょうゆ→大さじ1/2

砂糖→大さじ1/2

酢→大さじ1/2
 
『作り方』
1.鶏肉の両面に塩をすりこむ。

2.米にファイトケミカルスープ、ニンニク、
ショウガを加え、その上に①の鶏肉をのせ
炊飯器で炊く。

3.特製たれの材料をまぜる

4.②の鶏肉を取り出し、適当な大きさに切る。

5.ご飯、鶏肉をお皿に盛り、ねぎを散らし、
③のたれを添えたらできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ