【あさイチ】乳がんを見つけづらい高濃度乳房!マンモグラフィー&超音波検査

医者

2017年6月29日放送の「あさイチ」の「女のニュース」は
「乳がんが見つけづらい高濃度乳房 」

高濃度乳房についてや
マンモグラフィー&超音波検査について紹介!

スポンサードリンク

高濃度乳房(デンスブレスト)とは?

日本人女性の11人に1人がかかると言われる乳がん。

乳がんの早期発見のために行われるのがマンモグラフィーですが、
このマンモグラフィーでがんがみつかりにくい
高濃度乳房(デンスブレスト)という体質があります。

高濃度乳房とは乳房の中の乳腺の密度が高い状態で、
日本人女性の4割、特に若い人に多い。

マンモグラフィーでは乳腺は白く写りますが、
同時にがんも白く写るため、
乳腺に紛れてがんが見えにくくなるのです。

高濃度乳房は体質であり、
それそのものは病気ではないとのこと。

聖マリアンナ医科大学の福田護さんが登場。

高濃度乳房については
以前から専門家の間で問題となっていたが、
一般人への周知は進んでいなかった。

厚生労働省は高濃度乳房について自治体の対応を
まとめたガイドラインを作成し、
来年3月までに示す方針とのことです。

「高濃度乳房」はどうやったらわかる?

「高濃度乳房」を判断するには、
まずマンモグラフィー検査を受けることが必要です。

乳がん検診(市区町村が行う検診や、人間ドッグなど)を受けた際、
検診結果とともに、高濃度乳房かどうかなどの
乳房の性質が知らされる場合があります。

知らされなかった場合は、実施した市区町村や
受診した医療機関にたずねると、
基本的には教えてもらえるということです。
(通知の態勢が整っていない市区町村や医療機関もあります)


スポンサードリンク



超音波検査

乳腺外科医の福田護さんによると、
高濃度乳房と判明し、マンモグラフィーでは
乳がんが見つけづらいとわかった場合、
次の検査として、「超音波検査」を受診するのが
一般的だとのこと。

超音波検査は、乳腺の濃度にかかわらず、
がんのしこりを映す可能性が高いためです。

しかし、市区町村が行う乳がん検診においては、
超音波検査を行う態勢が整っていないなどの理由で、
高濃度乳房だとわかった人全員が、
自動的に超音波検査を受けることはできません。

超音波検査を希望する場合は、
自分で医療機関に申し込み、
自費(数千円~1万円程度)で受診する必要があります。

また、高濃度乳房と判明したからといって、
マンモグラフィーを全く受診しないのはよくないと
福田さんはいいます。

高濃度乳房の場合でも、
がんの性質やできる場所によっては、
マンモグラフィーで見つかる可能性があるためです。

乳腺の診察を専門で行っている麻生区の福田さんの病院。
高濃度乳房の人に対しては、本人が希望すれば
超音波検査を行っています。

しかし十分な技術を持つ技師の数は限られていて、
福田さんの病院では完全予約制で、
1ヵ月待ちの状態となっているとのこと。

全国一律で超音波検査を行う体制は
まだ整っていないとのこと。

超音波検査は装置の能力、
技師の技術などが必要となります。

しかし、現時点でマンモグラフィーで
超音波検査が必要と言われた人に
対応する技師の数は、予約待ちとなるもの
の対応できているそうです。

マンモグラフィーと超音波検査を
うまく組み合わせて受診することが重要だといいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ