【ゲンキの時間】ミネラル”亜鉛”をとるにはカキ!不足すると味覚障害に

牡蠣

2017年7月2日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」で
「実は味覚障害!意外な原因」

全身のあらゆる機能に関わる
スーパーミネラル「亜鉛」は不足しがち。

亜鉛を効率良く摂取するコツや
不足する原因などについて紹介!

スポンサードリンク

スーパーミネラル「亜鉛」

夏に積極的に摂りたいのは水分やビタミン、
そしてミネラルです。

ミネラルは、エネルギー源となる三大栄養素の代謝を助け、
ビタミンと並んで生命維持に欠かせない栄養素です。

しかし体内で合成することができないので、
食べ物などからとらなければなりません。

私たちの身体の中にある酵素は
摂りいれた栄養を消化吸収し、
体内の各所で必要な役割をするよう
働きかける生命の源です。

亜鉛はその約2000種類以上の酵素のうちの
300種類もの酵素の材料となっています。

そのため肌や毛髪から内臓、筋肉、脳に至るまで
全身の健康を保ってくれます。

また男性ホルモンの材料になったり
女性ホルモンの分泌を促してくれたりします。

そんな亜鉛は、肉類や海産物、チーズや卵などに
多く含まれますが、中でも断トツの含有量を誇るのが
「牡蠣」です。

亜鉛の含有量(100g)あたり 
カキ→ 13.2㎎
豚レバー→ 6.9㎎
牛肩ロース(和牛)→4.6㎎
プロセスチーズ→ 3.2㎎

しかし注意しなければいけないのが、吸収率。

亜鉛は腸管からは30%程度しか吸収されず、
あとの70%は出てしまいます。

また亜鉛は水溶性のため
多くが汗でも流れ出てしまいます。

さらにストレスと受けると
大量に消費されてしまうとも言われています。

亜鉛は大切なミネラルでありながら不足しやすく、
日本人の推計30~40%は不足しているという
報告もあります。

 

 

亜鉛が豊富なカキ

三重県鳥羽市畔蛸(あだこ)町の
的矢湾は牡蠣養殖がさかんです。
 
牡蠣には冬が旬の真ガキと
夏に旬を迎える岩ガキとあり、
的矢湾はその両方が養殖されています。
 




 

カキ養殖の本場的矢湾の中でも畔蛸町沖は
伊勢湾からの海流と黒潮がぶつかり
栄養価豊富な海水が流れ込むのに加え
山からもミネラル豊かな水が流れ
カキのエサとなるプランクトンが豊富です。
 
そのためここで養殖された岩ガキは
タグ付きのブランド「畔蛸の岩ガキ」として
他の産地より1年早く出荷されます。
 

スポンサードリンク



亜鉛を効果的に摂るカキ料理

三重県的矢湾の岩牡蠣生産者で
民宿も営んでいる方に、
普段食べているという岩牡蠣料理
を教えていただきました。

どれも亜鉛を効果的に摂るのに
おススメの料理です。

・焼き牡蠣
調味料は使わず、レモン汁のみでいただきます。
レモンのクエン酸やビタミンCが
亜鉛の吸収率をアップしてくれる組み合わせす。

・牡蠣の味噌炒め(ニンニク入り)
ニンニクに豊富に含まれるビタミンB6は、
亜鉛の大敵ストレスを軽減してくれ、
さらに吸収した亜鉛が正常に働くようにサポートしてくれます。

・牡蠣の磯辺揚げ
あおさを衣にした磯辺揚げ。
牡蠣には亜鉛だけでなく銅という必須ミネラルが含まれ、
あおさにはマンガンという必須ミネラルが含まれています。

これら3つのミネラルは、体内で抗酸化能力を持つ
酵素の材料となるので免疫力アップや動脈硬化などの
生活習慣病予防が期待できます。

・牡蠣飯
亜鉛は水溶性のため煮たりすると
水に溶けだしてしまいますが、
牡蠣飯なら溶け出た亜鉛を米が吸収するので、
摂取することができます。



低亜鉛血症とは?

亜鉛が欠乏し低亜鉛血症になると、
全身の至るところに様々な影響が出ます。

しかしすぐには症状が出ないので、
深刻化しないと気付かないことも多いのです。


ある63歳の主婦は、50キロだった体重が
3か月で-5kgに。

夏バテの影響かと思い、当初は気にしなかったものの
徐々に減っていく体重が気になり始めました。

ガンなどの重い病を疑い病院で検査を受けるも
結果は異状なし。

原因が何か分からず病院を転々とする日々。

そしてたどり着いたのが内藤俊夫先生のもとでした

体重が減るといってもいろいろな理由があるそうで
いろいろ話を聞いて引っかかる言葉があり、
亜鉛を測ったところ亜鉛が欠乏していることがわかり
低亜鉛血症と診断したそうです。

引っかかる言葉とは”食事が楽しくない”という言葉。
そこで亜鉛の欠乏による味覚障害を疑ったそうです。

低亜鉛血症の典型的な症状の1つが味覚障害 

重症化すると何を食べても味がしなかったり、
砂や粘土を食べているような感覚になったり
する人もいるとのこと。
無自覚の食欲減退により体重減少という状態に。

さらに亜鉛は神経の細胞の再生にも関わっているので、
欠乏すると手足がしびれたり、
またホルモンの分泌も悪くなり、うつのような
症状が出る場合もあるそうです。

亜鉛は加齢によって吸収率が低下します。

しかし、それ以外にもインスタント食品の食べ過ぎると、
亜鉛の吸収を阻害する添加物「ポリリン酸」などの
せいでなったり
過度なダイエットなどでも亜鉛欠乏を
招いてしまうとのこと。

気付かないうちに陥っているかもしれないので
注意が必要です。

【ミネラル不足チェック】
・貧血気味
・脱毛
・肌荒れ
・足がつりやすい
・疲れやすい

このうち1つでも当てはまると
ミネラルが不足している可能性があります。

貧血は鉄分や銅などの不足で起こり、
脱毛や肌荒れは亜鉛不足で起こります。

また足がつるのはカルシウムや
マグネシウムの不足が影響しています。

疲れやすさは色々なミネラルに影響されるので、
食事を見直していくことが大切とのことです。


亜鉛のサプリもあります↓

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ