レタスを長持ちさせる・魚の皮が網にくっつかない方法【この差】

魚を焼く

2016年1月31日に放送されたTBS「この差って何ですか?」の中の
「コレをやるとこんなに差がつきました 」の紹介。

レタスを長持ちさせる方法や焼き魚が網につかない方法。

レタスを長持ちさせる方法


【レタスを長持ちさせる方法】

冷蔵庫に入れてもすぐ傷んでしまうレタス。

街の人にレタスを長持ちさせる方法を聞いてみると「芯をくり抜いて濡れたキッチンペーパーを入れる」と答える人が多かった。
実際にやってみると4日後に茶色い部分ができてしなびてしまいました。

シニア野菜ソムリエ・KAORUさんが行う方法

【この差→芯に3本の爪楊枝を奥まで差し込む】

レタスに爪楊枝

レタスの芯の切った部分に爪楊枝を3本三角形になるように差し込む。

何もしないレタス4日後に傷んでしまいましたが、この方法では7日間ももちました。

『理由』
レタスの芯の先端部分には「生長点」といわれる細胞があり、
収穫後栄養分を使い続けて成長しているのです。

しかし、三角形を描くように爪楊枝を指すと芯にある生長点が程よく破壊され、
成長を遅らせ、劣化しにくくなるのです。

スポンサードリンク

ちなみに芯をくりぬくとその切り口から傷んでしまい、もっと早く劣化してしまうそうです。

これは白菜やキャベツにも効果がある方法とのことです。


焼き魚が網につかない方法


【焼き魚が網につかない方法】

自宅で魚を焼くときに皮が網にくっついてしまい魚がきれいに焼けないことってよくありますよね。

街の人に聞いてみると「網にくっつかないように油を塗ります。」という人が多かった。

実際にこの方法で試してみたが、やはり魚がきれいに焼けない。

『フードコーディネーターの浜田陽子さんが行う方法』

【この差→レモンを魚の表面に塗る】 

魚を焼く

レモンを魚の表面全体にまんべんなく塗ります。

なぜレモンを塗るとくっつかないのか?

そもそもなぜ皮が網にひっついてしまうのかというと
魚の皮のタンパク質は熱を加えると金属にくっつきやすくなる性質があるのです。

レモンにはクエン酸が含まれています。

熱を加えてもレモンの働きによってたんぱく質が金属にくっつきにくくなるのです。
加熱するためレモンの味や香りは残らない。

サバでも大丈夫でした。


感想

わたしはレタスは使い切る前にダメにしてしまうので半分のものを買ったりしていましたが、今度試してみようかな。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ