【ズムサタ】最新クール家電!扇風機、かき氷、流しそうめんほか

扇風機

2017年7月8日放送の「ズームイン!!サタデー」より
猛暑を乗り切ろう!最新クール家電グッズ10連発!

扇風機から流しそうめんマシンまで紹介!

スポンサードリンク

最新クール家電グッズ10

【テーブルグリル ピュア(プリンセス)】

オランダ発のデザイン家電メーカー
「プリンセス」のグリルプレート。

表面が白くセラミック加工されていて、
とても涼しげ。

しかも、写真映えすると、
SNSで話題となっています。



【プラズマクラスター扇風機(シャープ)】

心地よく健康的な風を届ける、
ネイチャーウイングを採用。

電気代が抑えられる
省エネタイプのモーターを使った扇風機。



【kamomefan(ドウシシャ)】

折り畳みができる三脚仕様。

コンパクトで手に持って
楽々運べます。

上下左右だけではなく、じぐざぐにも首を振るので
広範囲に風を送られます。



【DCフォールディングファン(ドウシシャ)】

折りたためるので収納するのに便利。
わずかなすき間にもらくらく入ります。



【メタルトリプルファン(阪和)】

メタルのレトロアンティークな扇風機。
3つのファンで強力な送風。

スリムで置きやすく、折りたたみも可能です。



【RINTO(パナソニック)】

スポンサードリンク

「上質」 にこだわり抜いた扇風機。

長野県蓼科高原の風を徹底的に研究し、
作り上げた長時間当たっても、疲れにくい風。

さらに美しさにこだわった結果、
外からはねじやビスは一切見えないように
なっています。

支柱部分は高級家具や楽器に使われる、
世界三大銘木といわれるウォールナットが
使用されています。


【電動ふわふわとろ雪かき氷器(ドウシシャ)】

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 2017年モデル DTY-17BK

台湾風かき氷が作れる家電。

このねじを時計回りにセットすると粗い氷、
日本でよく見るかき氷が作れて、
ねじを反時計にセットすると、
ふわふわの細かい氷、つまり台湾式のかき氷が作れます。



【マイボトルブレンダー(ビタントニオ)】

アイスバーが作れる家電。

スムージーを作ったあとに、アタッチメントをつければ、
そのままバッグに入れて持ち運べるという便利さ。

これまでに100万台を売り上げました。

そこにこの夏、新たにアイスバーの容器が
セットとしてつきました。

フルーツと一緒にスムージーを流し込んで
固めるだけで
おしゃれーなアイスバーが完成!



【わたあめメーカー(グリーンハウス)】

『綿菓子が作れる家電』

色ざらめでいろんな色の綿菓子が作れます。

しかし、ただ綿あめを作って食べられるから
人気があるわけじゃないんです。

作ったその綿あめをドリンクの上に載せて、
溶かしながら飲んだりするのがはやっています。

コットンキャンディーソーダと呼ばれるもので、
海外で大人気!

SNSで話題となっています。




【ビッグストリームそうめんスライダー】

夏といえば流しそうめん。

そのマシンは、去年発売後、即完売となった、
大人気流しそうめんマシン「ビッグストリームそうめんスライダー」
の進化版。

なんと、去年版より2回りもビッグな流しそうめんマシン。
高さは73センチ。
スライダーは去年のものより
1.4メートルも長い、全長5メートル。

頂上の部分から、そうめんを落とし、
スライダーに沿って流れていくそうめんを、
去年版よりも大人数で楽しめるようになりました。

なんと東京サマーランドさんの設計技師の方に
監修をしてもらいできたデザインです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ