【ヒルナンデス】プロが教える包丁の選び方&サビ手入れ方法!ヒル活by鎌田晴一

包丁

2017年7月10日放送の「ヒルナンデス」の
新企画「ヒル活プロジェクト」

「かまた刃研社」の鎌田晴一さんに
を教えてもらいます、

今回は、包丁の選び方&サビ手入れ方法
などを学びます!

スポンサードリンク

詳細は後ほど

ヒル活:包丁研ぎ職人

森三中の村上知子さん、、大島美幸さん、
ゲストの藤田朋子さんが
「包丁研ぎ職人」に弟子入り!

今回は、包丁の選び方&サビ手入れ方法
を学びます!

かまた刃研社(かっぱ橋道具街)の
研ぎ師、鎌田晴一さんに教えてもらいます

今までの様子はこちら↓
【ヒルナンデス】プロが教える包丁のとぎ方!ヒル活by鎌田晴一

【ヒルナンデス】プロが教える包丁の洗い方&保管法!ヒル活by鎌田晴一



包丁の選び方

【包丁はどれを選べばいい?】

基本的にはステンレスの3徳包丁が1本あればo.k!

ステンレスはさびにくく刃が丈夫なので、
お手入れが楽。


【柄は木や樹脂のもの、ステンレスのものどっちがよい??】

ステンレスの包丁の方が雑菌が繁殖しにくく
衛生的なので最近は人気。

けれども、木や樹脂の包丁は滑りにくく持ちやすい。

なので持ってみててしっくりくる包丁を選べば
よい。



【包丁は値段が高いほどよい?】

包丁は高いものの方が硬い刃金を使っていて
切れ味の持続性がよい。

しかしあまり高級だと特殊なステンレスを使っている場合があり
サビが出てしまうことも。

ステンレスの三徳包丁であれば、
高くても1万円程度で充分



【もう一本あると便利な包丁は?】

ペティナイフか出刃包丁がおすすめ。

ペティナイフは手の小さな女性にも持ちやすく、
野菜や果物の皮をむくのに便利。

出刃包丁は魚をおろすのに。



スポンサードリンク



包丁が傷む理由

包丁の刃は食材で痛むのではなく
まな板で傷む。

家庭でよく使われるのは
プラスティックのまな板。

プラスティックのまな板は
硬いものが多いため
やや刃こぼれしやすい。

けれども、雑菌が繁殖しにくいので
普段のお手入れが楽というメリットも。

【プラスティックのまな板】
・刃こぼれしやすい
・雑菌が繁殖しにくい

【木のまな板】
・刃こぼれしにくい
・雑菌が繁殖しやすい



キッチンばさみの研ぎ方

料理をする時に何かと便利なキッチンばさみ。

しかし、切れ味が悪くなった時のお手入れ方法は
あまり知られていません。

1.キッチンばさみの刃を広げる

2.角度のついた先端部分だけを軽く3往復ほど研ぐ
※2枚の片刃の包丁がすれ合って切れるため
裏側は絶対研がない。

3.仕上げに機械用の油を刃につけて
2~3回チョキチョキと動かせばOK!

キッチンばさみのとぎ方



さびた包丁の手入れの仕方

さびた包丁の手入れの仕方

【さびた包丁の手入れの方法】

『材料』
ワインのコルク
クレンザー
 
『作り方』
1.水で濡らしたワインのコルクに
クレンザーを付ける。
 
2.テーブルのヘリに包丁の柄をかけて固定する。
 
3.コルクでさびをこする。
 
キッチンバサミのさびなども取れます。

※ワインのコルクはほどよい弾力性と表面に
凸凹があり、包丁のサビを取るのには最適!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ