【主治医が見つかる診療所】老化予防のポリフェノールの上手なとり方!ホウレン草など

ほうれん草

2017年7月10日放送の「主治医が見つかる診療所」の
「ポリフェノールの真実!上手に摂って若々しくSP」

ここではコーヒーがシミ予防になることや
野菜のポリフェノールのじょうずなとり方を紹介!

赤ワインのレシピはこちら↓
【主治医が見つかる診療所】ポリフェノールの赤ワインのレシピ!肉じゃがやサバ缶

スポンサードリンク

ポリフェノールとは?

渋みや苦みのもとで植物が虫などに
食べられないために蓄えている成分。

5000~8000種類あるともいわれています。



コーヒーが肌のシミ予防に

コーヒーはポリフェノールが多めで
肌に良い影響を与えてくれます。

近藤和雄医学博士の研究によると、
コーヒーを飲んでいた人の方が
シミが少なめなことがわかりました。

コーヒーは毎日2杯以上飲むと
肌のシミ予防効果が期待できるとのこと。

しかし、ポリフェノールは
長く体に留まらないため、
4時間おきに摂る方が良いそうです。



野菜のポリフェノールで老化予防するコツ

みやた整形外科医院の宮田先生は
内科医でありながら野菜ソムリエの上級プロで、
食事指導のセミナーを行っています。

【①レインボーを食べる】
色をたくさん使うように意識して野菜を選ぶ事で、
自然と多くの種類のポリフェノールが摂れるとのこと。

スポンサードリンク

目標は7色。1食で7色が難しい場合は、
1日3食の中で7色を目標にしても良い。


【②苦味のある野菜を選ぶ】
キク科の野菜(ゴボウ、レタス、春菊)など
苦味多い野菜を選ぶ。

この苦味は、ポリフェノールを多く含んでいる
野菜を見分ける1つの目安に。


【③一番ポリフェノールが多いのがホウレン草】

【野菜のポリフェノールラキング】
1位:ほうれん草
2位:玉ねぎ
3位:じゃがいも
4位:トマト
5位:人参・大根

ホウレン草は野菜の中でも
一番多くポリフェノールを含んでいて
ポリフェノールの種類も16種類あることが
確認されています。

選び方としては茎よりも葉っぱが大きいもの。
紫外線と寒暖差のある環境で、
ゆっくり育ったほうれん草は葉も大きめで
ポリフェノール量も期待できるのだそうです。

しかし、ポリフェノールは水に溶けやすいため、
ホウレン草を調理する時にゆで過ぎは禁物。。

茎の硬い部分から時間差でゆで始め、
葉の色が鮮やかになったらすぐに冷水へ入れると
ポリフェノールの損失を最小限に抑えられます。

冷凍してもポリフェノールは減らないので
ゆでたものを冷凍保存するのもおすすめ。

みそ汁や即席ラーメン、うどんなどに
ちょい足し、お弁当にそのまま入れても。

ポリフェノールは水に溶けやすいので、
汁ごと食べられる煮物、鍋料理がおすすめ。

また、他の野菜でもポリフェノールは
皮や種に多く含まれるので、皮や種ごと
食べると効率よくとれるとのこと。

これからの季節にオススメなのはナスやピーマン。
ナスの煮びたしやピーマンは
まるごと煮込んだ丸煮などがおすすめ。



赤ワインのレシピはこちら↓
【主治医が見つかる診療所】ポリフェノールの赤ワインのレシピ!肉じゃがやサバ缶

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ