【ガッテン】ひざ痛解消法!「ひざ伸ばし」のやり方!お風呂正座&ストレッチも

ひざ痛

2017年7月12日放送の「ガッテン」は
「ひざ痛がついに解消!関節を滑らかにする3分ワザ 」

3分でひざ痛解消法の「ひざ伸ばし」のやり方や
お風呂正座&ストレッチも

スポンサードリンク

ひざ痛の原因は軟骨ではない?

新潟・十日町の松代地域には
膝の研究者が注目する松代膝健診があります。

住民約1000人を対象に
ひざ痛に関連するある病気の調査を行っています。

それはひざの軟骨がすり減る事によって
ひざ関節の骨が変形してしまう変形性ひざ関節症。

ひざ痛のほとんどは変形性ひざ関節症が
原因だと言われています。

松代では実に38年もの間
地域の人たちのひざを徹底調査してきました。

しかし、たくさんの膝を健診した結果、
レントゲンから重度だと分類した人達の
53%が痛みがないことがわかりました。

さらに重度ではないのに
ひざ痛に悩む人もいました。

痛みの原因に、ひざの軟骨がすり減る以外に
もうひとつ違う原因があることがわかったのです。

渡邊敏文先生によると
膝というのは、じん帯や腱、筋肉のほかに
関節包というものがあります。

関節包は関節を覆う袋状の柔らかい組織で
膝の動きを滑らかに保つ役割があります。

骨以外で関節包などの周囲の組織が
痛みの原因であることが多いそうです。

膝関節はとても複雑で、軟骨やじん帯、筋肉、腱などた
くさんの組織が複雑に入り組んでいます。

そして膝関節を覆っているのが関節包。

この関節包には痛覚神経がたくさん通っていて
硬くなるとちょっとした刺激でも痛みを感じてしまう。

関節包が傷む理由
①加齢
②軟骨などがすり減る

これらが考えられます。

軟骨などがすり減ると炎症が起こり
関節包などを硬くしてしまう。



スポンサードリンク



ひざ痛解消法

ひざ痛を解消する強力ワザが登場!

といっても1日3分ほど、
自宅で簡単に行える新エクササイズです。

一見シンプルすぎて本当に効果があるのか
疑いたくなるほどですが、
なんとこの方法実は何十年も病院やリハビリの現場で
行われてきた歴史あるトレーニングだったんです。

東京女子医科大学が行った研究では
痛みを抱える53のひざに試したところ
2か月余りで半分のひざの痛みが改善したそうです。



ひざ伸ばしのやり方

【ひざ伸ばし(大たい四頭筋セッティング) のやり方】

太ももの前側の筋肉に繰り返し力を入れる運動です。

膝蓋骨(しつがいこつ)(お皿)と
周囲の関節包が太もも側に引き寄せられ、
硬くなっている部分をほぐす効果が期待できます。

1.足をしっかり伸ばして座る。

2.太ももの前側の筋肉に力を入れ(5~10秒)たあと、
緩める。
これを10回繰り返す(これで1セット)

1日2~3セットを目安に行う。
まずは3~4週間を目標に続けます。

【難しい場合】
ひざの下に巻いたタオルを置き、
押しつぶすように力を入れるとうまくできます。

ひざ伸ばし

【より効果を高めたい場合】
足首の下にタオルを置いて行うと、
ひざの裏側も伸ばすことができます。

【座って行う場合】
椅子に浅く腰掛けて足をまっすぐ伸ばし、
かかとを地面につけて行います。



病院で診察を受けてから行った方がよい人
・打撲、骨折などの外傷がある
・痛風、リウマチなどの診断を受けている
・明らかに関節に腫れがあったり熱をもっていたりする
・安静にしていても痛い
(関節包が原因ではない可能性があります)



そのほかの関節包ストレッチ

ひざの痛みを研究し続けて40年
宗田大先生に教えていただきます。

お風呂正座とお皿のストレッチです。

【風呂正座のやり方】

1.お風呂で腰をまっすぐ伸ばしてひざをつく

2.湯船の縁につかまりながら、ゆっくり腰を下ろしひざを曲げる

ひざに突っ張りを感じるあたりで姿勢を5秒~10秒維持
毎日続けて1~2分間正座することを目指す。

※急激に曲げない。
かえって悪化する可能性があります。



【お皿のストレッチ のやり方】

ひざのお皿の周りの関節包が一番硬くなりやすいので
お皿を意識的に動かすことによって柔軟性を高めます

1.足をまっすぐ伸ばしてから足の力を抜き、
膝蓋骨(しつがいこつ)(お皿)が
水平方向に動くことを確認する。

2.お皿の縁に両手の親指を重ね、
上下左右、斜めなど8つの方向へ順番に押す

押す時間は1か所につき5秒程度
1回のストレッチは3分まで。1日2回が目安

※押すときは必ずお皿に指をあてます

※痛みを感じるところは
関節包が硬くなっているところ。
少しずつ慣らしながら行います。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ