【ヒルナンデス/ヒル活】友近の体メンテ!肩こり改善&簡単エクササイズ!

2017年7月13日放送の「ヒルナンデス」の「習って新発見!ヒル活」。

友近がお悩みの肩こり、四十肩を
改善するアラフォーからの
体メンテナンス。

肩こり改善&お尻引き締め簡単エクササイズを紹介!

スポンサードリンク

アラフォーからの体メンテナンス

友近がお悩みのぽっこり下っ腹と
四十肩を改善するアラフォーからの
体メンテナンス。

総合フィットネスクラブの
ティップネスを訪問。

ここではヨガやダンスレッスンなど
豊富なトレーニングプログラムで
女性のお悩みを解消してくれます。

まずはアメリカ発の最新測定法(FNS)で
直立としゃがむ姿勢を撮影するだけで
体の癖がわかるとのこと。

【理想の直立姿勢】
左右の肩の高さが同じで、
背筋がまっすぐ伸びていることが大事。

【理想のしゃがむ姿勢】
棒を両手に持ってしゃがんだ時に、
棒は水平をキープできていて、
腕と背筋がまっすぐ伸びている状態。

友近さんは肩が右上がりで腰が左上がりという状態。

豊田アナは顔の位置が傾いて頭が前へ突き出ている状態。

また筋肉の緊張と緩みをチェックすると
2人とも首の筋肉が緩んでいるという結果も出ていて、
友近さんはお尻の筋肉の緩みもあったのでした。

ということで癖を改善するトレーニングを行います。



肩のお悩みを解消するエクササイズ

【ベッドの上でも簡単にできるエクササイズ】

1.横向きで寝て膝を90度に曲げて
膝の間にボールやバスタオルなど柔らかいものを挟む。

2.反対側の床に手を付けるように
ゆっくりと手を広げる

※腰はひねらず、指先を見ながら
手を大きく動かすと効果的。

3.またゆっくりと手を戻す

左右10回を2セット行うと
肩こり改善つながるといいます。。

※無理のない範囲で行ってください



【背骨を動かすエクササイズ】

スポンサードリンク

背骨をしっかり動かすと肩周りの筋肉が柔軟になり、
肩こりの予防になるといいます。。

1.四つん這いの状態で手を肩幅に開く。

2.お腹を覗き込むようにして
息を吐きながら背中を丸める

3.背筋が反るように息を吸い込みながら、
ゆっくり伸ばす。

1セット5回ゆっくりと繰り返す
と肩こりの予防につながるといいます。



【肩のお悩み解消ストレッチ】

1.椅子に座り手のひらを合わせて
腕をまっすぐ肩の高さに上げる

2.手のひらを外に向けて、ひじを後ろに引く
※ひじはしっかり90度の角度に曲げる

3.体の前で手の甲とひじを合わせる

4.手のひらを外に向けて胸を開く

慣れたらテンポアップします。
1セット10回で、1日2~3セットが目安。



尻筋のゆるみを改善するストレッチ

【お尻引き締めストレッチ】

お尻の筋肉のゆるみが改善され、
太もも・ふくらはぎのシェイプアップに効果的。

1.つま先を段差に乗せ、重心はかかとにおく

2.背筋を伸ばし、お尻を引きながら前屈する

3.手を下まで下ろしたら
ゆっくりと起き上がる
※太ももの裏の筋肉の伸びを意識しながら
ゆっくり体を起こす

かかとに重心を置きやすくするため、
家ではつま先の下に段差の代わりに
座布団などを挟むと良いそうです。

1セット10回を2セット行う。



FMSで再び測定するとかなり改善されていました。
また、首・お尻の筋肉の緩みも改善されていたのでした。

肩周りの改善はできたので次回は
ファイティングエクササイズの挑戦をするそうです。


ァイティングエクササイズの様子はこちら↓
【ヒルナンデス/ヒル活】友近がファイティングエクササイズに挑戦!お腹引き締めに

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ