【世界一受けたい授業】さかなクンの夏に食べたい魚!トビウオタルタルのレシピ

金魚

2017年7月15日放送の「世界一受けたい授業」の
「さかなクンが来校!
夏を乗り切る美味しい魚料理」。

ご存知さかなクンが、美味しくて栄養満点の
「夏に食べたい魚」を教えてくれます!

ここではトビウオのレシピを中心に紹介!

スポンサードリンク

栄養豊富な魚

アミメハギは口で海藻に捕まりながら眠る
珍しい魚。

仲間のカワハギは高タンパクで低脂肪な上
カルシウムの吸収を高めるビタミンDが豊富。

さかなクンが自らお魚屋にロケにでかけmす。

向かったのは中目黒にある鮮魚店「sakana bacca」。
規格外の珍しい魚を丸ごと1匹販売しています。

太刀魚は鋭い歯が特徴。
生活習慣病の予防になる
DHAやオレイン酸が豊富に含まれています。

珍しいエビスダイは目が前向きに付いていて、
食べごたえがあるため煮付けがオススメ。

アユは塩焼きにして内蔵も一緒に食べるのが
おすすめ。
ビタミンAが多く含まれています。

トビウオはエラが発達していて、
長い距離だと300~400mほど水面を飛ぶことがあります。

そんなトビウオの体は
全身の骨がスカスカで軽くなっています。

また。胃袋があるとお腹が重くなり飛べなくなるので、
お腹が膨れる胃袋がない。

スポンサードリンク

食べた物は、すぐに腸で消化され排泄されるのです。



トビウオタルタルの作り方

【トビウオタルタルのレシピ】

『材料』
トビウオ
赤玉ねぎ
きゅうり
トマト


こしょう
オリーブオイル
マヨネーズ
レモン汁
※分量はお好みで

『作り方』
1.3枚におろした身をさいの目状に切る。

2.ボウルにいれたトビウオに、
赤タマネギ・キュウリ・トマトをいれ、
塩・胡椒・オリーブオイル・レモン汁を
加えたのち、軽く和えます。

3.型にいれてお皿に盛り付け、
マヨネーズをレモン汁で伸ばした
酸味のあるソースを添えればできあがり!



効果

ポイントは生で食べること。

トビウオに含まれるビタミンEに、
トマトのビタミンA、
キュウリ・タマネギのビタミンCが加わると
高い抗酸化作用をもつ、「ビタミンACE(エース)」を
同時に取ることができ、夏の疲れ改善効果や、
日差しで疲れた肌の修復効果も期待できます。


【さかなクンの本】

カレイのレシピはこちら↓
【世界一受けたい授業】さかなクンの夏に食べたい魚!カレイの香り揚げのレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ