【林先生の初耳学】冷たいうどんでダイエット!丸亀製麺

うどん

2017年7月16日放送の「林先生が驚く初耳学」。

丸亀製麺のおいしい理由や
効果的なうどんダイエットの方法を紹介!

スポンサードリンク

丸亀製麺がおいしい理由

「丸亀製麺」は讃岐うどんの聖地、
香川県丸亀を名乗っているにも関わらず市内には
1軒も出店していないのです。
しかし、全国に約800店舗を出店し
うどん業界No.1に君臨しています。

なぜ丸亀製麺が日本1になれたのか。

それは約800店舗すべてが
それぞれの店舗で手作りしているため。

店舗ごとに生地から手作りすることで
本場のうどんのようにコシのある食感を
楽しむことができるのです。

冷たいうどんの方が太りにくい

そんなうどんについて近頃ネットを中心に
話題となっているのが「うどんダイエット」。

お米やパンに比べてうどんは
カロリー、糖質も低いことから
ダイエット食として注目されているのです。

しかし、実は温かいか冷たいかで
効果に大差があります。

温かうどんよりも冷たいうどんの方が太りにくい。

でんぷんは消化吸収しやすい形と
しにくい形があります。

スポンサードリンク

うどんを冷やすとでんぷんが消化吸収されにくい
レジスタントスターチに変化し、
太りにくくなます。

レジスタントスターチが多くなった冷たいうどんは
血糖値の上昇を緩やかにするので
インスリンの分泌が抑えられ太りにくいのです。

冷たいうどんの中でも
さらに効果があるといわれているのは
讃岐うどん。

弾力が強くこしがある讃岐うどんだと
噛む回数が増え、満腹中枢を刺激
食べ過ぎも抑えられるのです。



こんなのもあります↓

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ