【世界一受けたい授業】今売れている本まとめ!つくおき・ベターッと開脚ほか

ダイソー100均 本

2017年7月22日放送の「世界一受けたい授業」の
「いま売れている本SP!」

つくおき・ベターッと開脚・筋膜リリース
・嫌われる勇気・うんこ漢字ドリルなど
いま売れている本をチェック!

スポンサードリンク

実用書部門ランキングの3位~1位

日常生活に役立つ本のトップ3!

【3位:「つくおき」「もっとつくおき」 】

週末におかずをつくりおきするだけで、
日頃の料理が楽になる本「つくおき」が大人気。
著者・nozomiさんはブームの火付け役。

共働きする家庭を中心に支持を集め
シリーズ累計92万部を超える大人気に。

レシピはこちら↓
【世界一受けたい授業】nozomiのつくおきトマトマリネのレシピ!佐藤秀美先生も


【2位:「自分でできる!筋膜リリース パーフェクトガイド」】

筋膜とは、筋肉を包み込んでいる膜のこと。

筋肉をつくる筋線維一本一本まで包み込み、
さらには一枚のボディースーツのように
全身にまでつながっています。

いくらもんでも治らない肩こりは、
筋肉ではなく筋膜のゆがみが
原因の1つなのです。

詳細はこちらをどうぞ↓
【世界一受けたい授業】肩こり解消に筋膜リリースのやり方!by竹井仁


【1位:「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」】

開脚の方法だけをまとめた一冊。

72歳の女性が開脚できるようになった様子も話題に。
100万部を突破の大ベストセラーに。

ポイントは2つの基礎運動と
週替りのエクササイズを必ず続けること。

よろしければ
佐藤栞里さんも挑戦しているこちらをどうぞ↓
【ヒルナンデス】Eikoのベターッと「開脚ストレッチ」のやり方!4週目


スポンサードリンク



絵本・児童書部門ランキング

【3位:日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学2年生 】

シリーズ累計226万部を売り上げている「うんこ漢字ドリル」。
小学校で習う漢字の例文すべてに
”うんこ”という言葉が使われています。

子供らが笑いながら勉強できる
日本一楽しい漢字ドリルとして大ヒット。

著者の古屋雄作さんは”いじめ”を連想させるような
例文は作らないように心がけているとのことです。



【2位:ハリー・ポッターと呪いの子】

ハリー・ポッターシリーズは79言語に翻訳され
200以上の国と地域で出版。

全世界で4億5000万部の大ヒット作品。

人気の秘密。
1つ目は「普通の子どもが魔法使いになる」。
2つ目は「魔法が日常のすぐそばにある」。
3つ目は「どこにでもいそうな登場人物」。



【1位:えんとつ町のプペル】

お笑い芸人・西野亮廣さんが絵・文監督を務め
4年半の歳月をかけて完成させた作品。

嫌われ者のゴミ人間プペルと
少年ルビッチとの間に起きた奇跡のファンタジーを
描いています。

さらにくわしくはこちらをどうぞ↓
【世界一受けたい授業】売れている絵本!えんとつ町のプペル、きょうのおやつは、ほか


自己啓発本部門ランキング

自分の生き方を見直すきっかけを与えてくれる
自己啓発本。

【3位:「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」 】

自分の隠れた才能を見つけ出せる本として人気。



【2位:「幸せになる勇気」】

子どものしつけで”ほめない”、
”しからない”という斬新な教育法が話題に。


【1位:「嫌われる勇気」】

数年にわたって売れ続け
162万部を記録した大ベストセラー。

オーストリアの心理学者
アルフレッド・アドラーが唱えた心理学を解説した本。

その内容は自分を変える心理学。
ちょっと考え方を変えるだけで
自分の生活ががらりと変わる例がたくさん。

詳細はこちらをどうぞ
【世界一受けたい授業】「嫌われる勇気」の岸見一郎先生が内容を解説!


「他人はあなたの期待を満たすために、
生きているのではない」となどとひも解いています。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ