【ヒルナンデス/ヒル活】下駄箱のにおいを防ぐ&靴の正しい保管方法ほか

靴、ハイヒール

2017年7月24日放送の「ヒルナンデス」の
「ヒル活:主婦が職人に学びたい10のコト」

森三中の村上知子さん、大島美幸さん、
ゲストの片岡安祐美さんが
「靴職人」に弟子入り!

下駄箱にこもるにおいを防ぐ方法や
正しい靴の保管方法などを学びます!

The Shoe Work Shopの末光宏さんに
教えていただきます。

先回のヒル活の様子はこちら↓
【ヒルナンデス/ヒル活】自分に合った靴の選び方や臭いを軽減する方法!

スポンサードリンク

下駄箱にこもるにおいを防ぐ方法

下駄箱に新聞紙を敷いて
その上に靴を置く

さらにおせんべいなどに入っている
乾燥材(シリカゲル)を置いておくのもオススメ。

新聞紙や乾燥材の交換時期は
季節の変わり目(3か月ぐらい)を
目安に行うとよいそうです。


 

正しい靴の保管方法

下駄箱に靴をしまう際は
形崩れに注意することが大切。

靴の向きはさほど関係ないそうです。

靴の中に新聞紙やキッチンペーパーを
丸めたものを詰めます。

これで型崩れを防止でき、
湿気を防ぐこともできます。

詰めるときはできるだけつま先の形に
近いように入れてください。


スポンサードリンク



革靴の崩れを防ぐ方法

また紳士靴やパンプスは
革靴は履き続けているうちに
履き口からどんどん広がってしまいます。

これを割りばしで簡単に
防ぐことができます。

つま先に新聞紙など柔らかいものを詰めてから、
割り箸など棒状のもので伸ばすように支えると
型崩れを防ぐことが出来ます。

ただし、あまり強い力で引っ張ってしまうと
負荷がかかり革にシワが入ってしまうので、
注意します。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ