【世界一受けたい授業】肩こり解消に筋膜リリースのやり方!by竹井仁

肩こり

2017年7月22日放送の「世界一受けたい授業」の
「いま売れている本SP!」

ここでは「実用書」ランキング2位の
竹井仁先生の筋膜リリースの紹介!

スポンサードリンク

「実用書部門」ランキング2位:筋膜リリース

【自分でできる!筋膜リリース 筋膜博士が教える決定版】




今や国民病ともいわれる肩こり。

肩こり歴5年以上の女性はいくら強くもんでも
まったく肩こりが治らないといいます。

これを解消するキーワードが”筋膜”

筋膜とは、筋肉を包み込んでいる膜のこと。

一枚のボディースーツのように
全身にまでつながっています。

そのため、腰の筋膜が歪み引っ張られると
肩にまで影響を及ぼし、
肩こりを引き起こすこともあるのです。

いくらもんでも治らない肩こりは、
筋肉ではなく筋膜のゆがみが
大きな原因の1つなのです。

そこで竹井仁先生に
肩こり解消の筋膜リリース体操のやり方を教
えていただきます。


スポンサードリンク



【肩こり解消の筋膜リリース体操のやり方】
1.椅子に座り、背筋をピンと伸ばす

2.両手を交差させて、それぞれ反対側のひじをつかむ

3.そのまま腕を斜め下方向に突出し、10秒間キープ。
※腕と肩甲骨だけが前にいくようにして、
腰や背中を丸めない

4.続いて今とは逆方向に腕を引き上げて10秒間キープ。
※肩甲骨だけが動くだけで腕だけを引くようにして
腰が反らない。

5.続いて、腕を肩の高さまで上げて
正面に肩甲骨だけを突き出して10秒間キープ。
※ゆっくりと呼吸は続ける

6.今度は、そのまま後ろ方向に肩甲骨を引き下げて
10秒間キープ。
※固まった筋肉がバターのように溶けていく
感覚を意識しながら行う。

7.斜め上の方向に肩甲骨だけを突出し、10秒間キープ。

8.斜め下方向、反対方向に引き下げて、10秒間キープ。

これらを1日3セットを目安に行います。

肩こり解消の筋膜リリース


【背中の筋膜リリース】

背中のゆがみが原因の場合の
肩こり解消方法

1.両手と肘を合わせて床に置く。
※手のひらは上むきに
手から肘までが離れないように注意します。

2.手の位置は変えずに
腰を丸めながらお尻を引き
この状態で30秒キープ。
※お尻を引くときは胸を床に近づけるイメージで。 

これを3セット行います。

両手を肘を合わせ床に肘をと腕、手のひらを置く。
ひざも床につける。

30秒×3セットが目安です。

背中の筋膜リリース



【全身の筋膜のゆがみを整えるやり方】

仕上げに。

1.15㎝程度足を開き立つ。
右手は頭の後ろに、左手は腰に置く。

2.反時計回りに腕を回し、
無理のないところで止めて20秒間キープする。
この時肘の角度は90度を意識する。

3.右足を左足の前で交差させ
左に体を倒す。
この状態で20秒間キープ。

4.最後に鼻先を肩につけるイメージで
首を回し20秒間キープする。

20秒ずつで計1分で1セット
反対も同様に行い、
1日3セットを目安に行います。

全身の筋膜リリース


この日の世界一受けたい授業の記事↓
【世界一受けたい授業】今売れている本まとめ!つくおき・ベターッと開脚ほか

【世界一受けたい授業】肩こり解消に筋膜リリースのやり方!by竹井仁

【世界一受けたい授業】売れている絵本!えんとつ町のプペル、きょうのおやつは、ほか

【世界一受けたい授業】nozomiのつくおきトマトマリネのレシピ!佐藤秀美先生も

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ