【たけしの家庭の医学】夏バテ予防の作り置き薬膳レシピ!セロリと玉ねぎの鶏肉炒め

薬膳レシピ

2017年7月25日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
「骨の老化防止ホルモン&夏バテ体質が判明!」。

ここでは夏バテ予防の「かんたん薬膳レシピ」を紹介!

スポンサードリンク

夏バテをおこしやすい人

夏バテをおこしやすい体質の人は
下半身型冷え性の人。

夏バテを予防・改善する方法が、
ツボと薬膳の2つ。

ツボについてはこちら↓
【たけしの家庭の医学】夏バテ体質は下半身型冷え性の人!ツボで改善するやり方

薬膳は漢方薬と同じで、
食べてすぐに効果があるものではないものの、
症状に合わせた食材を食べ続けることで、
時間をかけて体質を徐々に変えていく方法。

千葉大学医学部附属病院の並木隆雄先生も
太鼓判を押します。

実は千葉大学医学部附属病院のレストランでは、
患者さんに症状別の薬膳を提供していたことが
あるとのこと。

そのレストランで並木先生とタッグを組み
薬膳レシピを作っていた中村きよみさんによると
上半身に滞っているエネルギーを
体全体巡らせる食材を食べ続ければ
解消できるといいます。

中村きよみさんに毎日食べられる
常備菜の薬膳レシピを考案してもらいました。



セロリと玉ねぎの鶏肉炒めのレシピ

薬膳レシピ

【セロリと玉ねぎの鶏肉炒めのレシピ】

※玉ねぎ、セロリは身体中に
エネルギーを巡らせる食材

※シナモンは薬膳の世界では
上半身にたまった熱を
下半身に下げる効果があると
いわれているそうです。

『材料』
鶏むね挽肉→150g

アスパラ(ゆで/ 5㎜輪切り)→1本

玉ねぎ(1.5cm角切り)→2/3個

セロリ(1.5cm角切り)→1/2本

パプリカ(1.5cm角切り)→1/3個

松の実→大さじ2

オリーブオイル→大さじ1と1/2

(調味料)
オイスターソース→大さじ1と1/2

ナンプラー→大さじ2と1/2

レモン汁→大さじ1

塩→小さじ2/3

こしょう→少々
カイエンペッパー→小さじ1/2
(なければこしょうでも可)

シナモン→小さじ1/2



スポンサードリンク



 
『作り方』
1.オリーブオイルで鶏むね挽肉を
パラパラになるまで強火で炒める。

2.①に玉ねぎ、セロリ、パプリカ、
アスパラ、マツ実を加えて炒める。

3.ナンプラー、オイスターソース、塩、こしょう
レモン汁、カイエンペッパーを加えて味を調える。

4.シナモンを加えればできあがり!



アレンジレシピ

番組では
1日目→ご飯にかける
2日目→パスタにあえる
3日目→ぶっかけそうめんにのせて
4日目→トルティーヤ(トウモロコシの生地)に巻いて
5日目→オムレツの具材として
食べていました。

下半身型冷え性を改善する検証

作り置き薬膳で下半身型冷え性を改善し、
夏バテに強い身体作りを目指します。

①毎日1食(作り置き薬膳)を食べる

②3つのツボを押す
ツボについてはこちら↓
夏バテ体質は下半身型冷え性の人!ツボで改善するやり方

③検証期間は5日間

下半身型冷え性の吉川さんに
検証してもらいます。

5日間の検証後、サーモグラフで吉川さんの全身を撮影。

すると、検証前は顔が赤く下半身の足先は真っ青だったのですが、
検証後は下半身に赤い部分が増えていました。

検証前
足先→28.5度
顔→35.4度

検証後
足先→34.3度
顔→34.8度

吉川さんも体質改善の効果を実感しているようでした!

スポンサードリンク

One Response to “【たけしの家庭の医学】夏バテ予防の作り置き薬膳レシピ!セロリと玉ねぎの鶏肉炒め”

  1. ロクさん より:

    ご紹介ありがとうございます

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ