【世界一受けたい授業】科学的に元気になる!ストレスに打ち勝つ方法!by堀田秀吾

頭痛や風邪の病気の女性

2017年7月29日放送の「世界一受けたい授業」の中の
科学的に元気になる!
ストレス社会に打ち勝つ方法を堀田秀吾が紹介!

スポンサードリンク

科学的に元気になる方法

そもそも元気がなくなるのはストレスが大きな要因。

厚生労働省の調査によると、
2人に1人は日常生活に悩み・ストレスを
感じているそうです。

1日5回、〇〇〇をすると幸福度が高くなる
何をすると幸福度が高くなるでしょう?



正解
1日5回良いことをする

カリフォルニア大学の研究で
献血やゴミ拾い、席を譲るなど、毎週決まった曜日に
5つの良いことを6週間にわたりしてもらったところ
幸福度が高くなったという実験結果があります。

リラックスしたいときは手を〇〇〇
手をどうするといいでしょうか?



正解
40℃ぐらいのお湯に手を10分間つけるとよい。

手には温かさを感じる神経がたくさんあるため
副交感神経が優位になって
リラックスすることができます。

このような事を教えてくれるのは
明治大学教授の堀田秀吾先生です。

【科学的に元気になる方法集めました】



スポンサードリンク



【科学的にやる気を出す方法】

やる気がでない時にやる気を出す方法があります。

やる気を出す方法はとにかく〇〇〇
何をするでしょうか?



正解
とにかくやり始める

やりたくなくてもまずは行動をおこすことで
ドーパミンが分泌され、やる気のスイッチがはいります。

小説家の村上春樹さんは書くことが決まっていなくても
毎日4~5時間机に向かうようにしているそうです。

それによってやる気のスイッチが入るのだそうです。



【科学的にストレスを減らす方法】
〇〇するとストレスホルモンが減少する。
はたして何でしょうか?



正解
背筋をピンとする

ハーバード大学のカディ准教授らの実験によると、
Aグループは「背筋を伸ばした姿勢」
Bグループは「縮こまった猫背の姿勢」

それぞれ、2分間続けてもらい、
唾液のコルチゾールというストレスホルモンの
レベルを測定しました。

すると猫背のグループは、15%増加したのに対し、
背筋を伸ばしたグループは、25%減少したのです。

背筋を伸ばすことで積極性が増して
自信を強くなるなど、脳や体に
大きな影響を与えるということがわかっています。



【科学的にアイデアがわく方法】
職場や家庭で良いアイデアが思い浮かばず
悩んだ時にアイデアがひらめく方法があります。

それは「ボーッとする」こと。

ワシントン大学の研究によると
集中している時よりボーっとしている時の方が
脳はおよそ20倍も活発になっていることが
わかっています。

難しい事を考えていると脳の一部が働くが、
ボーッとすると脳の広い範囲がまんべんなく働き
さまざまな譲歩や記憶を整理してくれるのです。

1日3分ほどボーっとするだけで
アイデアが生まれやすくなります。

何も考えずに音の景色を眺めたり、
ゆっくりと歩いてみたりすると
自然にぼーっとできます。


【科学的に楽しくなる方法】
沈んだ気分を上げるには
〇〇〇をすると楽しくなってくる。

何でしょうか?



正解
楽しい動きをすると楽しくなってくる。

オットー・フォン・ゲーリケ大学
マクデブルクの論文で
はしを口にくわえて笑顔に似た表情作ると
楽しさを感じるドーパミンに関係する
脳の活動が活発になったと
報告されています。

つまり、作り笑顔でも脳が楽しいと感じたりするのです。

また、体を動かすことで
気分を明るくするセロトニンという物質が
分泌されることがわかっています。

ですので気分が落ち込んでいる時は
笑顔で楽しい動きをすれば
楽しくなってくるのです。



この日の世界一受けたい授業の記事↓
【世界一受けたい授業】歌のお兄さん、横山だいすけ先生の歌って楽しい脳トレ音楽!

【世界一受けたい授業】介護破産を防ぐの3つの新常識!結城康博

これまでの世界一受けたい授業の記事
世界一受けたい授業の記事

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ